tSCPFileExistsの標準プロパティ - Cloud - 8.0

SCP

Version
Cloud
8.0
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > インターネットコンポーネント > SCP
データガバナンス > サードパーティーシステム > インターネットコンポーネント > SCP
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > インターネットコンポーネント > SCP

これらのプロパティを使って、標準ジョブフレームワークで実行されているtSCPFileExistsを設定します。

標準tSCPFileExistsコンポーネントは、インターネットファミリーに属しています。

このフレームワーク内のコンポーネントは、すべてのTalend製品で利用できます。

基本設定

[Use an existing connection] (既存の接続を使用)

定義済みの接続の詳細を再利用するには、このチェックボックスをオンにして、[Component List] (コンポーネントリスト)ドロップダウンリストで目的の接続コンポーネントを選択します。

注: ジョブに親ジョブと子ジョブが含まれている時は、2つのレベルの間の既存の接続を共有する必要がな場合(たとえば、親ジョブで作成した接続を子ジョブと共有するなど)には、以下を実行する必要があります。
  1. 親レベルで、共有するデータベース接続を、そのデータベース接続そのものを作成する接続コンポーネントの[Basic settings] (基本設定)ビューに登録します。

  2. 子レベルで、登録済みのそのデータベース接続を読み取るために専用の接続コンポーネントを使用します。

ジョブレベルをまたがってデータベース接続を共有する方法の例は、 Talend Studio ユーザーガイドをご覧ください。

[Host] (ホスト)

SCPのIPアドレス。

[Port] (ポート)

SCPサーバーのリスニングポート番号。

[Username] (ユーザー名)

SCPユーザー名。

[Authentication method] (認証方式)

SCP認証方式。

[Password] (パスワード)

SCPパスワード。

パスワードを入力するには、パスワードフィールドの横にある[...]ボタンをクリックし、ポップアップダイアログボックスにパスワードを二重引用符の間に入力し、[OK] をクリックして設定を保存します。

[remote directory] (リモートディレクトリー)

リモートディレクトリーのファイルパス。

[Filename] (ファイル名)

チェックするファイルの名前。

詳細設定

[tStatCatcher Statistics] (tStatCatcher統計)

このチェックボックスをオンにすると、コンポーネントレベルでログデータを収集できます。

グローバル変数

[Global Variables] (グローバル変数)

ERROR_MESSAGE: エラーが発生した時にコンポーネントによって生成されるエラーメッセージ。これはAfter変数で、文字列を返します。この変数はコンポーネントにこのチェックボックスが存在し、Die on error (エラー時強制終了)がオフになっている場合のみ機能します。

FILENAME: 処理されているファイルの名前。これはFlow変数で、文字列を返します。

STATUS: コンポーネントの実行結果。これはAfter変数で、文字列を返します。

Flow変数はコンポーネントの実行中に機能し、After変数はコンポーネントの実行後に機能します。

フィールドまたは式に変数を入れるには、Ctrl + Spaceを押して変数リストにアクセスし、リストから使用する変数を選択します。

変数の詳細は、 Talend Studio ユーザーガイドをご覧ください。

使用方法

使用ルール

このコンポーネントは通常、単一コンポーネントのサブジョブとして使用されますが、他のコンポーネントと共に使用することもできます。