コンポーネントをドロップしリンクさせる - Cloud - 8.0

SetBody (メディエーション)

Version
Cloud
8.0
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Data Fabric
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > 処理コンポーネント(メディエーション) > SetBodyコンポーネント(メディエーション)
データガバナンス > サードパーティーシステム > 処理コンポーネント(メディエーション) > SetBodyコンポーネント(メディエーション)
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > 処理コンポーネント(メディエーション) > SetBodyコンポーネント(メディエーション)

このタスクについて

このユースケースでは、2つのcFileコンポーネントを使います。1つはメッセージ送信元、もう1つは受信側です。cSetBodyコンポーネントはルート上のメッセージのコンテンツを置き換え、cProcessorコンポーネントは受信エンドポイントにルーティングされるメッセージの新しいコンテンツを表示します。

手順

  1. [Palette] (パレット)から[Connectivity] (接続性)フォルダーを展開し、2つのcFileコンポーネントをデザインワークスペースにドロップします。
  2. Coreフォルダーから、cSetBodyコンポーネントをデザインワークスペースの2つのcFileコンポーネント間にドロップします。
  3. [Custom] (カスタム)フォルダーから、2番目のcFileコンポーネントに続いて、cProcessorコンポーネントをデザインワークスペースにドロップします。
  4. 最初のcFileを右クリックし、コンテキストメニューから[Row] (行) > [Route] (ルート)を選択し、cSetBodyコンポーネントをクリックします。
  5. この操作を繰り返して、cSetBodyコンポーネントを2番目のcFileコンポーネントに接続し、2番目のcFileコンポーネントをcProcessorコンポーネントに接続します。
  6. ルートでのコンポーネントのロールがわかりやすいように、上記のように名前を付けます。