cSetBodyの標準プロパティ - Cloud - 8.0

SetBody (メディエーション)

Version
Cloud
8.0
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Data Fabric
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > 処理コンポーネント(メディエーション) > SetBodyコンポーネント(メディエーション)
データガバナンス > サードパーティーシステム > 処理コンポーネント(メディエーション) > SetBodyコンポーネント(メディエーション)
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > 処理コンポーネント(メディエーション) > SetBodyコンポーネント(メディエーション)

このプロパティはStandardジョブフレームワークで実行されているcSetBodyを設定するために使います。

Standard cSetBodyコンポーネントはCoreファミリーに属しています。

基本設定

[Language] (言語)

一致するメッセージのコンテンツを設定するために使用する式の言語を以下から選択します: なしBeanCONSTANTCorrelationIDELGROOVYHEADERJoSQLJSonPathJXPATHMVELOGNLPHPPROPERTYPYTHONRUBYSIMPLESpELSQLXPATHXQUERY

言語を使って式を作成する方法の詳細は、http://camel.apache.org/languages.htmlを参照してください。

メッセージコンテンツの設定に使う式を入力します。

[Correlation expression/Add Namespaces] (コリレーション式/ネームスペースを追加)

このオプションは、[Language] (言語)リストでXPathが選択されている場合に表示されます。

Xpath式のネームスペースを追加するには、このチェックボックスをオンにします。[+]をクリックして必要な数のネームスペースをテーブルに追加し、対応するカラムにプレフィックスとURIを定義します。

使用方法

使用ルール

cSetBodyは、ルート内の中間コンポーネントとして使います。

制限事項

 該当せず