含まれている情報に従ってメッセージを分割し、サブメッセージの名前を変更 - Cloud - 8.0

SetHeader (メディエーション)

Version
Cloud
8.0
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Data Fabric
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > 処理コンポーネント(メディエーション) > SetHeaderコンポーネント(メディエーション)
データガバナンス > サードパーティーシステム > 処理コンポーネント(メディエーション) > SetHeaderコンポーネント(メディエーション)
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > 処理コンポーネント(メディエーション) > SetHeaderコンポーネント(メディエーション)

このシナリオは、Talend Open Studio for ESBTalend ESBTalend Data Services PlatformTalend MDM PlatformTalend Real Time Big Data PlatformTalend Data Fabricのみに適用されます。

Talendがサポートしているテクノロジーの詳細は、Talend Mediationコンポーネントを参照してください。

このシナリオでは、人物情報を含むファイルメッセージがサブメッセージに分割されます。各サブメッセージは、含まれている都市名に従って名前が変更され、別のエンドポイントにルーティングされます。

以下は、このユースケースで使われるXMLファイルの例です。

<people>
    <person>
        <firstName>Pierre</firstName>
        <lastName>Dubois</lastName>
        <city>Paris</city>
    </person>
    <person>
        <firstName>Nicolas</firstName>
        <lastName>Yang</lastName>
        <city>Beijing</city>
    </person>
    <person>
        <firstName>Ellen</firstName>
        <lastName>Ripley</lastName>
        <city>Washington</city>
    </person>
</people>

事前定義されたJavaBeanであるsetFileNamesは、このユースケースで使われるcSetHeaderコンポーネントによって呼び出され、含まれている都市名に従って各メッセージのファイル名を定義します。JavaBeansの作成と使用については、 Talend Studioユーザーガイドを参照してください。

package beans;

import org.w3c.dom.Document;
import org.w3c.dom.Element;
import org.w3c.dom.NodeList;

public class setFileNames {
	public String getCityName(Document document) {
		NodeList cities = document.getDocumentElement().getElementsByTagName(
				"city");
		Element city = (Element) cities.item(0);
		String textContent = city.getTextContent();
			return textContent+".xml";
		}
}