Snowflakeマテリアライズドビュージョブを設定する - Cloud - 8.0

Snowflake

Version
Cloud
8.0
Language
日本語
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > クラウドストレージ > Snowflake
データガバナンス > サードパーティーシステム > クラウドストレージ > Snowflake
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > クラウドストレージ > Snowflake
Last publication date
2024-02-22

手順

  1. tDBRow_4を設定してマテリアライズドビューを作成します。コンポーネントの[Basic settings] (基本設定)ビューでは、以下のようになります。
    1. [Database] (データベース)リストからSnowflakeを選択し、[Apply] (適用)をクリックします。
    2. [Query] (クエリー)フィールドに次のコードを二重引用符で囲んで入力します。
      CREATE OR REPLACE MATERIALIZED VIEW mv1 AS
      	SELECT Name, City FROM logs;
    3. 他のオプションはそのままにしておきます。
  2. マテリアライズドビューを介して外部テーブルをクエリーするようにtDBInput_1を設定するために使われます。コンポーネントの[Basic settings] (基本設定)ビューでは、以下のようになります。
    1. [Database] (データベース)リストからSnowflakeを選択し、[Apply] (適用)をクリックします。
    2. [Connection Component] (接続コンポーネント)リストからtDBConnection_1を選択します。
    3. [Query] (クエリー)フィールドに次のコードを二重引用符で囲んで入力します。
      SELECT name,city FROM mv1;
    4. [Edit schema] (スキーマを編集)の横にある[...]ボタンをクリックします。次のカラムを追加し、[OK]をクリックしてスキーマをプロパゲートします。
      • Name[String] (文字列)型、および[Db Column] (DBカラム) NAME
      • City[String] (文字列)型、および[Db Column] (DBカラム) CITY
    5. 他のオプションはそのままにしておきます。
  3. Ctrl + Sキーを押してジョブを保存します。