ブランチング、マージング、タグ付け - 8.0

Talendソフトウェア開発ライフサイクル - ベストプラクティスガイド

Version
8.0
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Module
Talend Administration Center
Talend Artifact Repository
Talend CommandLine
Talend JobServer
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発
デプロイメント
管理と監視

Talend製品でGitを使用する際のベストプラクティスとヒント

Gitのベストプラクティス:

  • どの開発者もメインブランチ以外のブランチで作業する必要があります。

  • 各開発(バグ、新規機能)に機能ブランチが作成されます。開発者はローカルモードで作業し、変更をリモートの'main'リポジトリーにマージする前にコミットのレビューを求めます。

    Gitリモートプロジェクトでは、ブランチはリモート([Remote Mode] (リモートモード)、デフォルトモード)またはローカル([Local Mode] (ローカルモード))ブランチのいずれかです。開発者がローカルまたはオフラインモードでGitプロジェクトの作業をする場合は、前回作業したブランチに関連付けられたローカルブランチで作業をしており、変更はローカルのGitリポジトリーに自動的にコミットされます。

    機能の準備ができたら、開発者は機能のテスト時に、リモートブランチを'main'にマージする前に、コミットをプッシュしてリモート開発ブランチにする必要があります。Gitではリモートブランチがリポジトリー全体で作成されます。したがって、このリポジトリーのすべてのプロジェクトで使用できます。

    ブランチでの操作方法の詳細は、Talend Studioユーザーガイドを参照してください。

  • 開発者は、マイルストーン(リリース、機能、スプリントなど)に到達するごとにタグを使用する必要があります。機能を出荷する準備(本番環境)ができたら、新たなタグを作成します。タグ付けされたバージョンにバグの修正が必要な場合は、タグからブランチを作成し、修正を'main'に含めることができます。

  • パッチはマイナーバージョンとして、フルリリースはメジャーバージョンとして定義することをお勧めします。

  • 特定のブランチで作業している時は、Gitブランチの許可リストオプションを使用して、このブランチでプロジェクトをフィルタリングすることをお勧めします。ディスクリソースの使用を低減し、パフォーマンスを向上させることができます。