開発とテスト - 8.0

Talendソフトウェア開発ライフサイクルベストプラクティスガイド

Version
8.0
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Module
Talend Administration Center
Talend Artifact Repository
Talend CommandLine
Talend JobServer
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発
デプロイメント
管理と監視
テストドリブンのアプローチでは、プロセスの開発とテストはお互いに密接な関係にあり、開発者のタスクはプロセスが設計され、テストされた時に初めて完了します。仕様が定義されたら、開発チームはジョブと呼ばれるプロセスのデザインを開始できます。
開発環境では、開発者に以下が必要です。
  • Talend Studioおよび/またはTalend CommandLine(GUIがないことを除けばStudioと同じ) - ジョブ、ルート、およびサービスを設計および生成できます。

  • Gitサーバー - アイテム(ジョブやメタデータなど)を共有リポジトリーに保存するため。

  • Talend Administration Centerアプリケーション - ジョブの実行をスケジュールできます。

  • 実行サーバー - ジョブをデプロイおよび実行できます。

注: バージョン8以降のTalend Studioには、新規または既存のTalend Studioをアップグレードすると、Talend CommandLineをインストールできる2つのスクリプト(Windows版のcommandline_upgrade.batと Linux版のcommandline-linux_upgrade.sh)が追加されています。