環境での実装 - 8.0

Talendソフトウェア開発ライフサイクル - ベストプラクティスガイド

Version
8.0
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Module
Talend Administration Center
Talend Artifact Repository
Talend CommandLine
Talend JobServer
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発
デプロイメント
管理と監視
次の図は、Talendのツールを使用し、自身のJavaファブリック内に統合する方法を示しています。これにより、統合が迅速に実行でき、ソフトウェアのライフサイクルの最初から最後まで、プロジェクトの品質を保つことができます。
図に示す継続的インテグレーションとデプロイプロセスの主な段階は、以下のとおりです。
  • 12 (Git): バージョンとリビジョンの管理

    コミット: 開発者がTalend Studioでジョブ、ルート、サービス、テストをデザインし、Gitにコミットします。

    ソースのチェックアウト: Gitは継続的インテグレーションサーバーにリンクされています。このサーバーは、アーティファクトとテストソースを.itemと.propertiesというファイル形式で、およびCommandLineによって事前生成される対応のpom.xmlファイルをチェックアウトします。

  • 3から6 (外部Javaファクトリ内): Mavenビルド、継続的インテグレーション、およびデプロイ

    ソースの生成:TalendCI BuilderとTalend CommandLineのツールがGitソースを生成し、使用する継続的インテグレーションサーバー(Jenkinsなど)に渡します。

    ソースのコンパイル: 自動化ビルドがサーバーで起動してソースをコンパイルします(Javaクラスに変換)。

    testing テスト: 自動化ビルドサーバーで起動してテストを実行します。また、サーバーダッシュボードを使用して、パッケージングの前にコードの品質を監視し、監査できます。

    パッケージングとパブリッシング: テストが実行され、バグが修正されたら、アイテムがパッケージ化され、アーティファクトリポジトリー(Nexus、Artifactory)にDockerイメージとして.zipファイルまたはDockerコンテナーの形式で公開されます。

    バージョン管理されたリリース候補が本番環境にデプロイされます。

継続的インテグレーションとデプロイにより、本番環境への迅速、効果的で、自動化され、安全なデプロイが確実なものとなります。