その他のTalend関連のMavenパラメーター - 8.0

Talendソフトウェア開発ライフサイクル - ベストプラクティスガイド

Version
8.0
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Module
Talend Administration Center
Talend Artifact Repository
Talend CommandLine
Talend JobServer
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発
デプロイメント
管理と監視
これらのパラメーターは、CIビルド定義のmvn(Jenkins)/options(Azure DevOps)コマンドでのみ使用できます。
Mavenパラメーター
Talend CommandLineパラメーター -Dtalend.job.context-Dtalend.job.applyContextToChildren ジョブのビルド、およびジョブ実行のスケジューリング時は、ビルド時に全ジョブに適用するコンテキストグループを指定します。
devという名前のコンテキストグループを親ジョブにのみ適用し、デフォルトのコンテキストグループを子ジョブに適用する場合の例:
-Dtalend.job.context=dev 
devという名前のコンテキストグループを親ジョブに適用し、同じコンテキストグループを子ジョブに適用する場合の例:
-Dtalend.job.context=dev -Dtalend.job.applyContextToChildren=true 

指定したコンテキストグループがジョブに存在しない場合は、デフォルトのコンテキストグループが適用されます。

注: 以下のパラメーターはCIビルダープラグインで定義されていないため(組み込みのgenerate-mojo.htmlヘルプファイルを参照)、お使いのCIビルド定義のmavenOpts (Jenkins)/mavenOptions(Azure DevOps)コマンドでは使用できません。ただし、お使いのビルドの mvn(Jenkins)/options(Azure DevOps)コマンドでは使用できます。
Dockerパラメーター -Dtalend.docker.name 作成されるDockerイメージの名前を指定します。
注: このパラメーターはCIビルダープラグインで定義されていないため(組み込みのgenerate-mojo.htmlヘルプファイルを参照)、お使いのCIビルド定義のmavenOpts (Jenkins)/mavenOptions(Azure DevOps)コマンドでは使用できません。ただし、お使いのビルドの mvn(Jenkins)/options(Azure DevOps)コマンドでは使用できます。
-Dstudio.prometheus.metrics Dockerへの公開中にこのコマンドをtrue値と共に追加すれば、CamelのメトリクスがPrometheusに公開され、デプロイされたルートの詳細(処理交換数、エラー数、秒あたりのリクエスト数など)が提供されます。
注: このパラメーターはCIビルダープラグインで定義されていないため(組み込みのgenerate-mojo.htmlヘルプファイルを参照)、お使いのCIビルド定義のmavenOpts (Jenkins)/mavenOptions(Azure DevOps)コマンドでは使用できません。ただし、お使いのビルドの mvn(Jenkins)/options(Azure DevOps)コマンドでは使用できます。
-Dstudio.talendDebug たとえばビルドの問題をサポートチームと一緒にデバッグしている時にこのパラメーターをtrue値と共に追加すれば、さらにログを取得できます。
例:
-Dstudio.talendDebug=true
注: このパラメーターはCIビルダープラグインで定義されていないため(組み込みのgenerate-mojo.htmlヘルプファイルを参照)、お使いのCIビルド定義のmavenOpts (Jenkins)/mavenOptions(Azure DevOps)コマンドでは使用できません。ただし、お使いのビルドの mvn(Jenkins)/options(Azure DevOps)コマンドでは使用できます。