Azure DevOpsパイプラインを実行 - Cloud - 8.0

TalendSoftware Development Life Cycleベストプラクティスガイド

Version
Cloud
8.0
Language
日本語
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Cloud
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Administration Center
Talend Artifact Repository
Talend CommandLine
Talend JobServer
Talend Management Console
Talend Remote Engine
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発
デプロイメント
管理と監視
Last publication date
2024-02-29
このビルド操作は、手動で実行することも、プロジェクトに行われた変更に基づいてトリガーさせることもできます。デフォルトでは、Talendから提供されるスクリプトにはビルドトリガーがありませんが、たとえば自分のプロジェクトのメインブランチにコミットがなされるたびにビルドを自動的にトリガーさせたい場合は、トリガーパラメーター値をmasterに変更します。

手順

  1. [Pipelines] (パイプライン) > [Builds] (ビルド)に進みます。
  2. 同じパラメーターで別のビルドをキューに入れる場合は[Queue] (キュー)を、azure-pipelines.ymlをアップデートする場合は[Edit] (編集)をそれぞれクリックし、ビルドを実行して変更を有効にします。

タスクの結果

パイプラインが正しく実行されると、各ステップの詳細が表示されます。

パイプラインが起動し、プロジェクトは定義済みのMavenフェーズに従って処理されます。ベストプラクティスは、[deploy] (デプロイメント)フェーズを使用してソースコードを生成し、コンパイルしてテストし、パッケージ化してから、パッケージを展開することです。

結果は以下の場所に表示されます。

  • Azure DevOpsパイプラインの詳細ビュー内: 結果の詳細はログに表示されます。[Maven]ステップをクリックしてください。
    test_feature903という名前のテストの実行に成功した例:
  • Talend Management Consoleの場合: dev-ci環境のci-workspaceワークスペースにデプロイメントされたバージョン0.1.0のジョブとルートアーティファクトの例:

    継続的インテグレーションのビルドを使ってアーティファクトを公開する際にTalend Management ConsoleでGit情報(作成者、コミットID、コミット日)を表示するオプションは、バージョン8.0.1 (R2022-01)から利用可能です。

  • Nexus WebアプリケーションまたはArtifactory内: グループIDがorg.talend.ciであるmaven-releasesリポジトリーにデプロイメントされた、バージョン0.1.0のジョブとルートのアーティファクトの例:
  • Dockerレジストリ内:ci_repoというDockerレジストリーのci_imageというDockerイメージ名にプッシュされた、バージョン0.1と最新バージョンの例: