Azure DevOpsにセキュアファイルを保管 - Cloud - 8.0

TalendSoftware Development Life Cycleベストプラクティスガイド

Version
Cloud
8.0
Language
日本語
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Cloud
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Administration Center
Talend Artifact Repository
Talend CommandLine
Talend JobServer
Talend Management Console
Talend Remote Engine
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発
デプロイメント
管理と監視
Last publication date
2024-02-29

Azure DevOpsでは、カスタムのMavenファイルとTalendの製品ライセンスまたはローカルパッチをセキュアファイルとして追加し、CI/CDパイプラインでこれらのファイルを使用できます。

注: Azure DevOpsへのTalend CI Builder 8.0.4以降の保存はオプションです。Talend CI Builder 8.0.4以降は公式のTalendリポジトリーで利用できます。このリポジトリーは、maven_settings.zipファイル内で参照されています。

始める前に

  • 次のファイルをダウンロードして抽出します:
  • ライセンスメール、またはTalend Cloudアカウントの[Downloads] (ダウンロード)ページにある[Continuous Integration (CI) for cloud] (クラウド向け継続的インテグレーション(CI))セクションから、CI Builderプラグインアーカイブを取得します。
  • パラメーター値(NexusやArtifactoryのURL、ホスト名、ポート、認証情報など)を置換してmaven_settings.xmlファイルをお使いの環境に適合させ、変更を保存します。
    ヒント: 例として提供されているXXX参照をファイル内で探し、お使いの環境に対応する値に置換します。この例はNexusに適合させてあります。Artifactoryなど別のアーティファクトリポジトリーを使用している場合は、この例をお使いのリポジトリーのURLに適合させる必要があります。

手順

  1. [Pipelines] (パイプライン) > [Library] (ライブラリー)ページで、[Secure Files] (セキュアファイル)タブに進みます。
  2. プラス記号( + )をクリックしてmaven_settings.xmlをアップロードします。
  3. アップロードが完了したら、アップロードされたファイルをクリックして[Pipeline permissions] (パイプラインの権限)を選択し、作成したAzureパイプラインがこの変数グループを使用できるようにします。
  4. プラス記号( + )をクリックしてライセンスファイルをアップロードします。
  5. アップロードが完了したら、アップロードされたファイルをクリックして[Pipeline permissions] (パイプラインの権限)を選択し、作成したAzureパイプラインがこの変数グループを使用できるようにします。
  6. プラス記号をクリックして、Talend CloudアカウントからダウンロードしたTalend-CI-Builder-Maven-Plugin-20211109_1610-V8.0.x.zip CIプラグインをアップロードします。
  7. アップロードが完了したら、アップロードされたファイルをクリックして[Pipeline permissions] (パイプラインの権限)を選択し、作成したAzureパイプラインがこの変数グループを使用できるようにします。
  8. プラス記号( + )をクリックしてazure_pom.xmlをアップロードします。
  9. アップロードが完了したら、アップロードされたファイルをクリックして[Pipeline permissions] (パイプラインの権限)を選択し、作成したAzureパイプラインがこの変数グループを使用できるようにします。