Talend Data Fabricの論理機能アーキテクチャー - 8.0

Talend Data Fabric 入門ガイド

Version
8.0
Language
日本語 (日本)
EnrichDitaval
Data Fabric
Product
Talend Data Fabric
Module
Talend Administration Center
Talend DQ Portal
Talend Installer
Talend Runtime
Talend Studio
Content
インストールとアップグレード
ジョブデザインと開発
データクオリティとプレパレーション > データクレンジング
データクオリティとプレパレーション > データプロファイリング

Talend Data Fabric論理機能アーキテクチャーは、Talend Data Fabric機能、相互作用、および対応するITニーズを特定するアーキテクチャーモデルです。アーキテクチャー全体は、特定の機能を機能ブロックに分離することで説明されています。

下の図は、主なアーキテクチャー機能ブロックを示しています。

機能ブロックのタイプは、以下のとおりです。

  • Talend Studioから、Hadoopクラスターを活用するビッグデータジョブをデザインして起動し、大量のデータセットを処理します。これらのジョブは起動後にこのHadoopクラスターに送られ、そこでデプロイおよび実行されます。

    Studioから、定義済みのパターンとインジケーターを使用して、さまざまなデータソースに保存されているデータを分析し、分析結果を参照およびクエリーして、破損、不完全、不正確なデータを削除することもできます。

  • Talendシステムから独立したHadoopクラスターでは、大量のデータセットを処理します。
  • ジョブをデプロイして実行するためにHadoopクラスターの中または外にインストールされたTalend JobServerまたはRuntime。

    Hortonworksクラスターの場合は、ファイアウォールやアクセスの問題を回避できるよう、JobServerまたはRuntimeをエッジノードのマシンにインストールすることをお勧めします。

    Amazon EMRクラスターの場合も、JobServerまたはRuntimeをクラスターにインストールすることをお勧めします。

  • Data Qualityデータマートからは、分析結果に関するレポートを生成して他のビジネスユーザーと共有できます。