コンポーネントを追加してリンク - 8.0

Talend Data Management Platform 入門ガイド

Version
8.0
Language
日本語 (日本)
EnrichDitaval
Data Management Platform
Product
Talend Data Management Platform
Module
Talend Administration Center
Talend DQ Portal
Talend Installer
Talend Runtime
Talend Studio
Content
インストールとアップグレード
ジョブデザインと開発
データクオリティとプレパレーション > データクレンジング
データクオリティとプレパレーション > データプロファイリング

この例では、CSVファイルを読み取り、コンソールにデータを表示するように、新規作成されたジョブにコンポーネントを追加してリンクする方法を説明しています。

手順

  1. [Palette] (パレット)からデザインワークスペースにtFileInputDelimitedtLogRowコンポーネントをドロップします。

    tFileInputDelimitedコンポーネントは[File] (ファイル)ファミリーの[Input] (入力)グループに、tLogRowコンポーネントは[Palette] (パレット)[Logs & Errors] (ログ&エラー)ファミリーにあります。

  2. tFileInputDelimitedコンポーネントをクリックし、表示される矢印アイコンをtLogRowコンポーネントにドラッグ&ドロップします。

    これで、2つのコンポーネントは [Row] (行) > [Main] (メイン)接続経由で接続されました。

タスクの結果

これで、必要なコンポーネントがジョブに追加されました。以降の手順では、必要なメタデータのプレパレーションを行い、ジョブを設定する必要があります。