マッピングコンポーネントを追加 - 8.0

Talend Data Management Platform 入門ガイド

Version
8.0
Language
日本語 (日本)
EnrichDitaval
Data Management Platform
Product
Talend Data Management Platform
Module
Talend Administration Center
Talend DQ Portal
Talend Installer
Talend Runtime
Talend Studio
Content
インストールとアップグレード
ジョブデザインと開発
データクオリティとプレパレーション > データクレンジング
データクオリティとプレパレーション > データプロファイリング

以下の手順は、既存の接続にコンポーネント名を直接入力することでマッピングコンポーネントを追加する方法を説明しています。

手順

  1. filter_moviesという名前の新規ジョブでコンポーネントtFileInputDelimitedtLogRowをリンクしている[Row] (行)接続を選択し、tMapの名前またはその一部を入力します。

    コンポーネント名の最初の数文字を入力すると、入力した文字列に一致するコンポーネントのリストが表示されます。コンポーネントを選択して、コンポーネントリストのとなりにその説明を表示できます。

  2. リストのtMapをダブルクリックして接続に追加します。

    これで、新しく追加したtMapコンポーネントが入力コンポーネントに接続されました。ここでダイアログボックスが開き、新しい出力接続に名前を付けるように求められます。

  3. 新しい出力接続の名前を入力し(この例ではValid_movies)、[OK]をクリックします。入力スキーマをターゲットの出力コンポーネントにプロパゲートするかどうかを尋ねるメッセージが表示されたら、[Yes] (はい)をクリックします。

タスクの結果

これで、tMapコンポーネントがジョブに追加され、[Row] (行) > [Main] (メイン)接続経由で既存の2つのコンポーネントに接続されました。