ジョブを設定して実行 - 8.0

Talend Data Management Platform 入門ガイド

Version
8.0
Language
日本語 (日本)
EnrichDitaval
Data Management Platform
Product
Talend Data Management Platform
Module
Talend Administration Center
Talend DQ Portal
Talend Installer
Talend Runtime
Talend Studio
Content
インストールとアップグレード
ジョブデザインと開発
データクオリティとプレパレーション > データクレンジング
データクオリティとプレパレーション > データプロファイリング

この例では、前の手順で作成したメタデータを使用してコンポーネントを設定し、ジョブを実行する方法を説明しています。

手順

  1. [Repository] (リポジトリー)ツリービューでジョブ[movies] (動画)をダブルクリックし、デザインワークスペース内で開きます。

    ジョブがデザインワークスペース内で既に開き、アクティブになっている場合は、この手順をスキップできます。

  2. [Repository] (リポジトリー)ツリービューで、[Metadata] (メタデータ) > [File delimited] (区切り記号付きファイル)の順に展開し、ファイル接続[movies] (動画)またはそのスキーマmovies_schemaをデザインワークスペース内のtFileInputDelimitedコンポーネントにドラッグ&ドロップします。変更を出力コンポーネントにプロパゲートするかどうかを尋ねるメッセージが表示されたら、[Yes] (はい)をクリックします。

    [Component] (コンポーネント)ビューの[Basic settings] (基本設定)タブでは、コンポーネントのすべてのパラメーターが自動的に入力済みになっています。

  3. tLogRowコンポーネントをダブルクリックして、[Basic settings] (基本設定)タブビューを開きます。
  4. [Mode] (モード)エリアで[Vertical (each row is a key/value list)] (縦並び(各行がキー/値のリスト))オプションを選択し、[Run] (実行)コンソールの長いフィールドを読みやすくします。
  5. [Run] (実行)ビューでF6を押すか[Run] (実行)ボタンをクリックして、ジョブを実行します。

タスクの結果

ソースファイルから読み取った動画情報が[Run] (実行)コンソールに表示されます。