最初のジョブを作成 - 8.0

Talend Data Management Platform 入門ガイド

Version
8.0
Language
日本語 (日本)
EnrichDitaval
Data Management Platform
Product
Talend Data Management Platform
Module
Talend Administration Center
Talend DQ Portal
Talend Installer
Talend Runtime
Talend Studio
Content
インストールとアップグレード
ジョブデザインと開発
データクオリティとプレパレーション > データクレンジング
データクオリティとプレパレーション > データプロファイリング

この手順は、getting_startedという名前のジョブフォルダーと、フォルダー内にmoviesという名前のジョブを作成する方法を説明しています。

警告: Git管理プロジェクトで作業している場合は、次の予約キーワードをジョブやジョブフォルダーに使用しないでください。
  • tests
  • target
  • src
これらの予約キーワードがジョブ、ジョブフォルダー、その親フォルダーのいずれかのレベルで使用されている場合、該当するフォルダー内のジョブに行った変更はGitにプッシュされません。

手順

  1. [Repository] (リポジトリー)ツリービューで、[Job Designs] (ジョブデザイン)ノードを展開し、[Standard] (標準)ノードを右クリックして、コンテキストメニューから[Create folder] (フォルダーの作成)を選択します。
  2. [New Folder] (新規フォルダー)ウィザードでジョブフォルダーにgetting_startedという名前を付け、[Finish] (終了)をクリックしてフォルダーを作成します。
  3. getting_startedフォルダーを右クリックし、コンテキストメニューから[Create Standard Job] (標準ジョブの作成)を選択します。
  4. [New Job] (新規ジョブ)ウィザードで、作成するジョブに名前を付け、必要に応じてその他の有用な情報を入力します。

    この例では、[Name] (名前)フィールドにmovies (動画)と入力します。

    ウィザードのこの手順では、[Name] (名前)が唯一の必須フィールドです。[Description] (説明)フィールドに入力した情報は、[Repository] (リポジトリー)ツリービュー内のジョブにマウスポインターを移動するとホバーテキストとして表示されます。

  5. [Finish] (終了)をクリックしてジョブを作成します。

    Studioに空のジョブが開きます。