ジョブを作成 - 8.0

Talend Open Studio for Big Data 入門ガイド

Version
8.0
Language
日本語 (日本)
EnrichDitaval
Open Studio for Big Data
Product
Talend Open Studio for Big Data
Module
Talend Studio
Content
インストールとアップグレード
ジョブデザインと開発
Talendジョブでは、Talendコンポーネントにアクセスして使用し、データの読み取り、変換、または書き込みを行う技術プロセスを設計できます。

始める前に

  • Talend Studioを起動し、 Integration パースペクティブを開いていること。

手順

  1. getting_startedフォルダーを右クリックし、コンテキストメニューから[Create Job] (ジョブの作成)を選択します。
  2. [New Job] (新規ジョブ)ウィザードで、作成するジョブに名前を付け、必要に応じてその他の有用な情報を入力します。

    たとえば、[Name] (名前)フィールドにaggregate_movie_directorと入力します。

    ウィザードのこの手順では、[Name] (名前)が唯一の必須フィールドです。[Description] (説明)フィールドに入力した情報は、[Repository] (リポジトリー)ツリービュー内のジョブにマウスポインターを移動するとホバーテキストとして表示されます。

  3. [Finish] (終了)をクリックしてジョブを作成します。

    Studioに空のジョブが開きます。

タスクの結果

Studioでコンポーネント[Palette] (パレット)が使用できるようになりました。この[Palette] (パレット)、および[Repository] (リポジトリー)内の[Metadata] (メタデータ)ノードを活用して、ジョブの設計を開始できます。