Talend Open Studio for Big Dataの論理機能アーキテクチャー - 8.0

Talend Open Studio for Big Data 入門ガイド

Version
8.0
Language
日本語 (日本)
EnrichDitaval
Open Studio for Big Data
Product
Talend Open Studio for Big Data
Module
Talend Studio
Content
インストールとアップグレード
ジョブデザインと開発

Talend Open Studio for Big Data論理機能アーキテクチャーは、Talend Open Studio for Big Data機能、相互作用、および対応するITニーズを特定するアーキテクチャーモデルです。アーキテクチャー全体は、特定の機能を機能ブロックに分離することで説明されています。

下の図は、主なアーキテクチャー機能ブロックを示しています。

機能ブロックのタイプは、以下のとおりです。

  • Talend Studioから、Hadoopクラスターを活用するビッグデータジョブをデザインして起動し、大量のデータセットを処理します。これらのジョブは起動後にこのHadoopクラスターに送られ、そこでデプロイおよび実行されます。
  • ワークフロースケジューラーシステムによって、Hadoopクラスター上にビッグデータジョブをデプロイ、スケジュール設定、実行したり、ジョブの実行ステータスや結果を監視したりできます。
  • Talendシステムから独立したHadoopクラスターでは、大量のデータセットを処理します。