Talend Open Studio for ESBの論理機能アーキテクチャー - 8.0

Talend Open Studio for ESB 入門ガイド

Version
8.0
Language
日本語 (日本)
EnrichDitaval
Open Studio for ESB
Product
Talend Open Studio for ESB
Module
Talend ESB
Talend Runtime
Talend Studio
Content
インストールとアップグレード
ジョブデザインと開発

Talend Open Studio for ESB論理機能アーキテクチャーは、Talend Open Studio for ESB機能、相互作用、および対応するITニーズを特定するアーキテクチャーモデルです。アーキテクチャー全体は、特定の機能を機能ブロックに分離することで説明されています。

下の図は、主なアーキテクチャー機能ブロックを示しています。

機能ブロックのタイプは、以下のとおりです。

  • [Client] (クライアント)ブロックは、データ統合またはデータサービスプロセス、メディエーションルート、およびサービスを実行できるTalend Studioを含みます。
  • Talend Execution Serversブロックには、情報システム内にデプロイされた1つ以上の Talend Runtimeサーバー(実行コンテナー)が含まれています。 Talend Runtimeを使用して、Studioで作成されたジョブ、ルート、およびサービスをデプロイおよび実行できます。
  • [Monitoring Databases] (監視データベース)ブロックには、サービス呼び出しを監視するためのサービスアクティビティモニタリングデータベースが含まれています。