ジョブをスタンドアロンジョブとしてビルドする - Cloud - 8.0

Talend Data Fabric Studio User Guide

Version
Cloud
8.0
Language
日本語 (日本)
EnrichDitaval
Data Fabric
Product
Talend Data Fabric
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発

POJO (Plain Old Java Object)をエクスポートするケースで、他のマシンにインストールされたTalend Studio内でジョブを再利用する場合には、[Items] (項目)チェックボックスをオンにしていることをご確認ください。これらのソースファイル(.itemおよび.properties)は、Talend Studio内でのみ必要とされます。

ビルドされた各ジョブにAntまたはMavenスクリプトを含める場合は、[Add build script] (ビルドスクリプトの追加)チェックボックスをオンにし、[Ant]または[Maven]のオプションボタンを選択します。

コンテキストを提示された際に、リストからコンテキストを1つ選択します。次に[Context scripts] (コンテキストスクリプト)チェックボックスの下にある[Override parameters' values] (パラメーターの値の上書き)ボタンをクリックすると、開いたウィンドウには選択したコンテキストのすべてのパラメーターがリストされます。このウィンドウで、選択したコンテキストをニーズとして設定できます。

リスト内で選択されたものに加えて、すべてのコンテキストパラメーターファイルがエクスポートされます。

注:

エクスポート後、コンテキストの選択情報は.batまたは.shファイルに、コンテキスト設定はコンテキストの.propertiesファイルにそれぞれ格納されます。