ジョブアーティファクト署名用のカスタムJava KeyStoreを設定 - Cloud - 8.0

Talend Data Fabric Studio User Guide

Version
Cloud
8.0
Language
日本語 (日本)
EnrichDitaval
Data Fabric
Product
Talend Data Fabric
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発
デフォルトでは、Talendによって発行されたJava KeyStoreを使ってジョブをビルドするとTalend Studioがジョブアーティファクトに署名するため、ジョブアーティファクトが偶然または悪意で改変されることがなくなります。 Talendが提供する8.0 R2022-06以降のStudio月次アップデートがインストールされている場合、Talend Cloud Management Consoleによって管理されているプロジェクトで作業する時にTalend Studioはジョブアーティファクト署名用のカスタムJava KeyStoreの設定をサポートします。

始める前に

サードパーティのJavaキーツールを使ってカスタムJava KeyStoreを生成していること。

手順

  1. メニューバーで[Window](ウィンドウ) > [Preferences] (基本設定)をクリックして[Preferences] (環境設定)ダイアログボックスを開きます。
  2. Talend > [Security] (セキュリティ) > [Artifact signature] (アーティファクト署名)をクリックして、該当するビューを開きます。
  3. [Key Path] (キーパス)フィールドで、カスタムJava KeyStoreへのパスを指定します。
  4. [Keystore Password] (Keystoreパスワード)フィールドで、KeyStoreパスワードをプレーンテキストで指定します。
  5. [Key Password] (キーパスワード)フィールドで、キーパスワードをプレーンテキストで指定します。
  6. Key Aliasフィールドで、KeyStoreに関連付けられているエイリアス名を指定します。
  7. [Apply and Close] (適用して閉じる)をクリックして変更を保存し、ダイアログボックスを閉じます。
    後でジョブをビルドする時に、カスタムJava KeyStoreによってジョブアーティファクトに署名されます。続いてジョブアーティファクトをTalend Cloudに公開すると、Remote Engineがそれらを実行する前に署名を検証します。詳細は、信頼されたタスクをカスタム署名で実行をご覧ください。