Talend Studioの機能 - Cloud - 8.0

Talend Data Fabric Studio ユーザーガイド

Version
Cloud
8.0
Language
日本語 (日本)
EnrichDitaval
Data Fabric
Product
Talend Data Fabric
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発
このセクションでは、デフォルトでインストール済みであるコア機能のリストと機能マネージャーを使ってインストルされる必要があるオプション機能のリストを示します。

デフォルトでインストール済みのコア機能

機能 説明
Data Integrationジョブエディター Data Integrationジョブエディターは、ジョブをデザインできるワークスペースです。
Data Integrationコンポーネント コンポーネントは、ジョブで単一のデータ統合操作を実行する機能エレメントです。一部のData Integrationコンポーネントのみがデフォルトでインストール済みです。
コンテキスト この機能によって、さまざまな各種実行タイプ(たとえば、テスト環境および本番環境)のジョブとルートを異なる方法で管理できます。
ルーチン ルーチンとは、多数の関数のあるJavaクラスのことです。一般にコードの解析に使用されます。
SQLテンプレート Talend Studioでは、一般的なデータクエリーおよび更新、スキーマ作成および変更、データアクセス制御タスクを簡素化する一連のSQLテンプレートが追加されています。また、一般的でない要件を満たすために自身のSQLテンプレートをカスタマイズまたは設計できるSQLエディターを構成します。
データベース、ファイル、汎用スキーマなどのメタデータ メタデータウィザードによって、[Repository] (リポジトリー)ツリービューに、データベース、ファイル、システムのいずれかに関する再利用可能な情報を保管できます。情報は後で、関連する入出力コンポーネントまたは出力コンポネント、およびデータスキーマの接続パラメーターを一元管理という方法で再利用できます。
Gitサポート この機能によって、Gitリポジトリーに保管されているリモートプロジェクトで作業できます。
リモート実行 この機能によって、Talend Administration Centerに接続されていれば、作業中のプロジェクトがローカルでもリモートでも、ジョブをリモートのJobServerにデプロイして実行できます。
クラウド接続 この機能によって、Talend Cloudへの接続を設定できます。
Talend Administration Center接続 この機能によって、Talend Administration Centerへの接続を設定できます。
クラウドに公開 この機能によって、Talend Studioに作成したジョブ、ルート、データサービス(アーティファクト)をTalend Cloudに公開し、Talend Cloud Management Consoleの特定ユーザーまたはすべてのユーザーが利用できます。

機能マネージャーを使ってインストールされたオプション機能

カテゴリー 機能 説明
共有機能 監査 Talend Project Auditは、プロジェクトデータフローを価値あるビジネス情報を変換します。Talend Studioに実装されるジョブのさまざまな視点を評価する監査アプローチを導入します。
共有機能 Dockerイメージをビルド この機能によって、ジョブをDockerイメージとしてビルドして、Dockerエンジンで実行できます。
共有機能 データ来歴 この機能は、[Repository] (リポジトリー)ツリービューで任意のアイテム( ジョブなど)を分析するための高度な機能を提供します。
  • インパクト分析: ターゲットコンポーネントまでの子孫アイテムを検出します。
  • データ来歴: ソースコンポーネントから始まる祖先アイテムを検出します。
共有機能 ジョブスクリプト ジョブスクリプトは、グラフィカルジョブデザインインターフェイス以外で、Talend Studioによってデータ統合プロセスを作成できるもう一つの方法です。
共有機能 ジョブテンプレート この機能によって、さまざまなテンプレートを使って、実行可能なジョブを作成できます。
共有機能 Metadata Bridge Talend Metadata Bridgeは、さまざまなコンポーネント間でメタデータの同期、共有、変換の有効化によって、統合シナリオの実装、保守、継続的な改善を加速化します。
共有機能 CSVからのメタデータインポート この機能によって、CSVファイルから外部アプリケーションにメタデータをインストールできます。
共有機能 アーティファクトリポジトリーに公開 この機能によって、ジョブ、ルート、サービスのいずれかをアーティファクトリポジトリー内に公開できます。
共有機能 リソース この機能によって、リソースを作成して、ジョブでファイル処理にそれらを使えます。この方法で、たとえばジョブをエクスポートする時に、リソースファイルをジョブ依存項目としてパックし、ファイルをターゲットシステムにコピーすることなくジョブをデプロイできます。
共有機能 Talend Activity Monitoring Console Talend Activity Monitoring Consoleは、Talendジョブとプロジェクトを監視するためにTalend Studioに統合されているアドオンツールです。
共有機能 テストケース この機能によって、テストケースを作成し、継続的インテグレーションの開発中にジョブとサービスをテストして、大きなデータセットを処理するために実際に実行された時に想定どおりに機能することを確認できます。
共有機能 検証ルール 検証ルールとは、データの有効性をチェックするためにメタデータ項目に適用できる基本ルール、または整合性ルールのことです。ルールの種類は、厳密値の基本チェックと参照整合性のチェックのいずれかになります。この2つのルールは、どのデータベーステーブルや個別のカラム、ファイルメタデータまたは関連メタデータ項目にも適用できます。
データ統合 > コンポーネント Amazon DocumentDB この機能によって、Amazon DocumentDBコンポーネント(tAmazonDocumentDBConnection、tAmazonDocumentDBInput、tAmazonDocumentDBOutput、tAmazonDocumentDBCloseなど)がインストールされます。
データ統合 > コンポーネント Azure Cosmos DB SQL API この機能は、tCosmosDBSQLAPIInputとtCosmosDBSQLAPIOutputを含めて、Azure Cosmos DB SQL APIコンポーネントをインストールします。
データ統合 > コンポーネント Azure Data Lake Storage Gen2 この機能は、tAzureADLSGen2InputとtAzureADLSGen2Outputを含めて、Azure ADLS Gen2コンポーネントをインストールします。
データ統合 > コンポーネント Azure Storage この機能は、tAzureStorageQueueCreate、tAzureStorageQueueDelete、tAzureStorageQueueInput、tAzureStorageQueueInputLoop、tAzureStorageQueueList、tAzureStorageQueueOPutput、tAzureStorageQueuePurge、tAzureStorageConnection、tAzureStorageContainerCreate、tAzureStorageContainerDelete、tAzureStorageContainerList、tAzureStorageDelete、tAzureStorageGet、tAzureStorageList、tAzureStoragePut、tAzureStorageInputTable、tAzureStorageOutputTableを含めて、Azure Storageコンポーネントをインストールします。
データ統合 > コンポーネント BRMS /ルール この機能は、tBRMSとtRulesを含めて、BRMS/ルールコンポーネントをインストールします。
データ統合 > コンポーネント Couchbase この機能によって、tCouchbaseDCInput、tCouchbaseDCOutput、tCouchbaseInput、tCouchbaseOutputをはじめとするCouchbaseコンポーネントがインストールされます。
データ統合 > コンポーネント CyberArk この機能は、tCyberarkInputを含めて、CyberArkコンポーネントをインストールします。
データ統合 > コンポーネント ESBConsumer この機能によってtESBConsumerコンポーネントがインストールされます。
データ統合 > コンポーネント Google Drive この機能は、tGoogleDriveConnection、tGoogleDriveCopy、tGoogleDriveCreate、tGoogleDriveDelete、tGoogleDriveGet、tGoogleDriveList、tGoogleDrivePutを含めて、Googleドライブコンポーネントをインストールします。
データ統合 > コンポーネント Jira この機能は、tJIRAInputとtJIRAOutputを含めて、Jiraコンポーネントをインストールします。
データ統合 > コンポーネント Marketo この機能によって、tMarketoBulkExec、tMarketoCampain、tMarketoConnection、tMarketoInput、tMarketoListOperation、tMarketoOutputを含めて、Marketoコンポーネントをインストールします。
データ統合 > コンポーネント MarkLogic この機能によって、tMarkLogicBulkLoad、tMarkLogicClose、tMarkLogicConnection、tMarkLogicInput、tMarkLogicOutputをはじめとするMarkLogicコンポーネントがインストールされます。
データ統合 > コンポーネント Neo4j この機能は、tNeo4JClose、tNeo4JConnection、tNeo4JInput、tNeo4JOutput、tNeo4JRow, tNeo4JBatchOutput、tNeo4JBatchOutputRelationship、tNeo4JBatchSchemaを含めて、Neo4jコンポーネントをインストールします。
データ統合 > コンポーネント NetSuite この機能は、tNetsuiteConnection、tNetsuiteInput、tNetsuiteOutputを含めて、NetSuiteコンポーネントをインストールします。
データ統合 > コンポーネント NoSQL / SAP Hana / Big Data この機能によって、Cassandra、CosmosDB、DBFS、DynamoDB、ELTHive、HBase、HCatalog、HDFS、Hive、Impala、Kafka、MapRDB、MongoDB、Neo4J、SAPHana、Sqoopの各関連コンポーネントをはじめとするNoSQL / SQP Hana / Big Dataコンポーネントがインストールされます。
データ統合 > コンポーネント [Partitioner] (パーティショナー) この機能によって、tCollector、tDepartitoner、tPartitioner、tRecollectorをはじめとするPartitionerコンポーネントがインストールされます。
データ統合 > コンポーネント RabbitMQ この機能は、 tRabbitMQInput、tRabbitMQOutput、tRabbitMQClose、tRabbitMQConnectionを含めて、RabbitMQコンポーネントをインストールします。
データ統合 > コンポーネント RESTClient この機能によってtRESTClientコンポーネントがインストールされます。
データ統合 > コンポーネント Salesforce この機能は、tSalesforceBulkExec、tSalesforceConnection、tSalesforceEinsteinBulkExec、tSalesforceEinsteinOutputBulkExec、tSalesforceGetDeleted、tSalesforceGetServerTimestamp、tSalesforceGetUpdated、tSalesforceInput、tSalesforceOutput、tSalesforceOutputBulk、tSalesforceOutputBulkExecを含めて、Salesforceコンポーネントをインストールします。
データ統合 > コンポーネント Snowflake この機能は、tSnowflakeBulkExec、tSnowflakeClose、tSnowflakeCommit、tSnowflakeConnection、tSnowflakeInput、tSnowflakeOutput、tSnowflakeOutputBulk、tSnowflakeOutputBulkExec、tSnowflakeRollback、tSnowflakeRowを含めて、Snowfakeコンポーネントをインストールします。
データ統合 > コンポーネント Splunk この機能は、tSplunkEventCollectorを含めて、Splunkコンポーネントをインストールします。
データ統合 > コンポーネント Talend Data Preparation

Talend Data Preparationコンポーネントでは、プレパレーションを適用して、Talend Data Preparationにデータセットを作成またはTalend Data Preparationデータセットからのデータを使ってフローを作成します。

データ統合 > コンポーネント Talend Data Stewardship

Talend Data Stewardshipコンポーネントでは、Talend Data Stewardshipキャンペーン内にデータをロードして、Talend Data Stewardshipキャンペーンのタスクという形式でデータを取得または削除します。

データ統合 > コンポーネント Workday この機能は、tWorkdayInputを含めて、Workdayコンポーネントをインストールします。
データ統合 > コンポーネント Zendesk この機能は、tZendeskInputとtZendeskOutputをはじめとするZendeskのコンポーネントをインストールします。
Data Integration > Metadata 詳細なWSDL この機能は、[Advanced WebService] (詳細なWebService)スキーマの定義と[Repository] (リポジトリー)ツリービューへの保管に役立ちます。
Data Integration > Metadata CDC この機能は、データベーステーブルで追加、更新、または削除されたデータを迅速に識別してキャプチャーし、その後アプリケーションまたは個々のユーザーがその変更データを使用できる環境を専用データベース接続で設定できます。Oracle、MySQL、DB2、PostgreSQL、Sybase、MS SQL Server、Informix、Ingres、Teradata、AS/400に対応しています。
Data Integration > Metadata EDIFACT EDIFACTメタデータウィザードは、UN/EDIFACTメッセージファイルからデータを読み取って、抽出するtExtractEDIFieldコンポーネント用に使用されるスキーマを作成する際に役立ちます。
Data Integration > Metadata [Hadoop Cluster] (Hadoopクラスター) この機能によって、[Repository] (リポジトリー)ツリービューにHadoopクラスターへの接続を作成および保管できます。
Data Integration > Metadata HBase この機能によって、[Repository] (リポジトリー)ツリービューでHBaseデータベースへの接続情報を一元管理および保管できます。
Data Integration > Metadata HCatalog この機能によって、[Repository] (リポジトリー)ツリービューでHCatalogテーブルへの接続情報を一元管理および保管できます。
Data Integration > Metadata SAP SAPメタデータウィザードは、SAP BWシステムとSAP HANAデータベースへの接続を作成し、その接続を[Repository] (リポジトリー)ツリービューに保管する際に役立ちます。
Data Integration > Metadata Talend MDM Talend MDMメタデータウィザードは、[Repository] (リポジトリー)ツリービューで1つ以上のMDM接続の詳細を一元管理する際に役立ちます。
Data Quality データプロファイリングキャパシティと標準コンポーネント この機能によって、次を使えます:
  • [Profiling] (プロファイリング)パースペクティブ: 事前定義またはカスタマイズされたパターンとインジケーターを使用して、さまざまなデータソースに保管されたデータを分析します。
  • [Data Explorer] (データエクスプローラー)パースペクティブ: データに対して実行されたプロファイリング分析の結果を参照して、クエリーします。
  • Data Quality用の標準コンポーネント
Data Quality Spark BatchコンポーネントとBig Data依存項目 この機能によって、Data QualityのSpark Batchコンポーネントを使えます。Big Data機能は、コンポーネントが正しく動作するためにもインストールされます。
Data Quality Spark StreamingコンポーネントとBig Data依存項目 この機能によって、Data QualityのSpark Streamingコンポーネントを使えます。Big Data機能は、コンポーネントが正しく動作するためにもインストールされます。
アプリケーション統合 データサービスルート データサービスは、データ統合とWebサービスを組み合わせ、Webサービスの公開に必要なあらゆるソースおよびターゲットに対処するWSDLファイルおよび1つ以上のジョブが含まれるサービスのグラフィカルデザインを有効化します。ルートは、メッセージをサービス(またはエンドポイント)間で移動する方法を定義します。
ビッグデータ Spark Batch この機能によって、Spark Batchジョブを作成できます。
ビッグデータ Spark Streaming この機能によって、Spark Streamingジョブを作成できます。
Big Data > Distributions Amazon EMR 5.29.0 この機能によって、Amazon EMR 5.29.0ディストリビューション上でSparkジョブを実行できます。
Big Data > Distributions Amazon EMR 6.2.0 この機能によって、Amazon EMR 6.2.0ディストリビューション上でSparkジョブを実行できます。
Big Data > Distributions Azure Synapse この機能によって、Apache SparkプールをディストリビューションとするAzure Synapse AnalyticsでSparkジョブを実行できるようになります。
Big Data > Distributions Cloudera CDH Dynamic Distribution この機能によって、Static (CDH 6.1、CDH 6.2、CDH 6.3)ディストリビューションまたはDynamicディストリビューションを使って、Cloudera CDH上でSparkジョブを実行できます。
Big Data > Distributions Cloudera Data Platform Dynamic Distribution この機能によって、Static (CDP 7.1)ディストリビューションまたはDynamicディストリビューションを使って、Cloudera Data Platform上でSparkジョブを実行できます。
Big Data > Distributions Databricks 5.5 この機能によって、Databricks 5.5ディストリビューション上でSparkジョブを実行できます。
Big Data > Distributions Databricks 6.4 この機能によって、Databricks 6.4ディストリビューション上でSparkジョブを実行できます。
Big Data > Distributions Databricks 7.3 LTS この機能によって、Databricks 7.3 LTSディストリビューション上でSparkジョブを実行できます。
Big Data > Distributions Hortonworks HDP Dynamic Distribution この機能によって、StaticディストリビューションまたはDynamicディストリビューションを使って、Hortonworks HDP上でSparkジョブを実行できます。
Big Data > Distributions Microsoft Azure HDInsight 4.0 この機能によって、Microsoft Azure HDInsight 4.0ディストリビューション上でSparkジョブを実行できます。
Big Data > Universal Distribution (推奨) Universal Distribution (Spark 2.4.x) この機能によって、Spark 2.4xでUniversalディストリビューション上でSparkジョブを実行できます。
Big Data > Universal Distribution (推奨) Universal Distribution (Spark 3.0.x) この機能によって、Spark 3.0xでUniversalディストリビューション上でSparkジョブを実行できます。
Big Data > Universal Distribution (推奨) Universal Distribution (Spark 3.1.x) この機能によって、KubernetesのSpark 3.1xでUniversalディストリビューション上でSparkジョブを実行できます。
Data Mapper Talend Data Mapper Talend Data Mapperによって、複雑なデータレコードやドキュメントをマッピングして、Data Integrationジョブおよびルートで変換を実行できます。
Data Mapper Spark用のTalend Data Mapper Spark用のTalend Data Mapperによって、複雑なデータレコードやドキュメントをマッピングして、Big Dataジョブで変換を実行できます。
Data Mapper > 標準ストラクチャー HL7 v2.1 この機能によって、HL7 v2.1標準のデータでTalend Data Mapperを使えます。
Data Mapper > 標準ストラクチャー HL7 v2.2 この機能によって、HL7 v2.2標準のデータでTalend Data Mapperを使えます。
Data Mapper > 標準ストラクチャー HL7 v2.3 この機能によって、HL7 v2.3標準のデータでTalend Data Mapperを使えます。
Data Mapper > 標準ストラクチャー HL7 v2.3.1 この機能によって、HL7 v2.3.1標準のデータでTalend Data Mapperを使えます。
Data Mapper > 標準ストラクチャー HL7 v2.4 この機能によって、HL7 v2.4標準のデータでTalend Data Mapperを使えます。
Data Mapper > 標準ストラクチャー HL7 v2.5 この機能によって、HL7 v2.5標準のデータでTalend Data Mapperを使えます。
Data Mapper > 標準ストラクチャー HL7 v2.5.1 この機能によって、HL7 v2.5.1標準のデータでTalend Data Mapperを使えます。
Data Mapper > 標準ストラクチャー HL7 v2.6 この機能によって、HL7 v2.6標準のデータでTalend Data Mapperを使えます。
Data Mapper > 標準ストラクチャー HL7 v2.7 この機能によって、HL7 v2.7標準のデータでTalend Data Mapperを使えます。
Data Mapper > 標準ストラクチャー HL7 v2.7.1 この機能によって、HL7 v2.7.1標準のデータでTalend Data Mapperを使えます。
Data Mapper > 標準ストラクチャー HL7 v2.8 この機能によって、HL7 v2.8標準のデータでTalend Data Mapperを使えます。
Data Mapper > 標準ストラクチャー HL7 v2.8.1 この機能によって、HL7 v2.8.1標準のデータでTalend Data Mapperを使えます。
Data Mapper > 標準ストラクチャー X12 4010 HIPAA この機能によって、X12 4010 HIPAA標準のデータでTalend Data Mapperを使えます。
Data Mapper > 標準ストラクチャー X12 5010 HIPAA この機能によって、X12 5010 HIPAA標準のデータでTalend Data Mapperを使えます。
Master Data Management Master Data Management Talend MDMは、データが複数のシステムでさまざまな形式でホストされるマスターデータを作成、および管理するという難題に取り組みます。これは、会社のマスターデータをすべて一元的なハブ内でグルーピングして、MDMアプリケーション用にユーザーが必要とするコア機能がすべてあります。高度なモデル化、モデルドリブンのダイナミックWebインターフェイス、フルテキスト検索、イベントトリガー、ロールベースのセキュリティ、その他。