[Basic settings] (基本設定)タブ - Cloud - 8.0

Talend Studioユーザーガイド

Version
Cloud
8.0
Language
日本語
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Cloud
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発
Last publication date
2024-02-27

このタスクについて

[Basic settings] (基本設定)タブは[Component] (コンポーネント)ビューの一部で、Talend StudioIntegrationパースペクティブにあるデザインエディターの下部に位置しています。

[基本設定]タブ。

コンポーネントはそれぞれ、ジョブまたはルートの機能要件に基づいて基本的な値で設定されています。

注:

コンポーネントによっては、コードの入力や機能の設定が必要なものがあります。プロパティでは必ずJavaコードを使用してください。

ジョブ内のファイルコンポーネントとデータベースコンポーネントについては、[Repository] (リポジトリー)ツリービューの[Metadata] (メタデータ)ディレクトリーにあるメタデータファイルでプロパティを一元化できます。これによって、[Basic settings] (基本設定)タブの[Property Type] (プロパティタイプ)[Built-In] (組み込み) を選択すれば、その場でプロパティを設定できます。また、[Property Type] (プロパティタイプ)[Repository] (リポジトリー)を選択すると[Metadata Manager] (メタデータマネージャー)に格納されているプロパティを使用できます。後者のオプションを使うと時間を節約できます。

[Property Type] (プロパティタイプ)[Repository] (リポジトリー)を選択し、該当する情報が含まれているメタデータを選択します。関連項目: データベースメタデータを一元管理

また、[Repository] (リポジトリー)ツリービューからデザインワークスペースに[Metadata] (メタデータ)項目を直接ドロップし、プロパティが自動的に入力されるようにすることもできます。

[Built-in] (組み込み)モードを選択し、コンポーネントのプロパティを手動で設定した場合は、そのプロパティをメタデータとして[Repository] (リポジトリー)に保存することもできます。この操作は次の手順で行います。

手順

  1. フロッピーディスクのアイコンをクリックします。コンポーネントに対応するメタデータ作成ウィザードが開きます。
  2. ウィザードの手順に従います。メタデータ項目の作成の詳細は、データベースメタデータを一元管理をご覧ください。
  3. メタデータが[Repository] (リポジトリー)[Metadata] (メタデータ)ノードの下に表示されます。

タスクの結果

データフローを処理するコンポーネント(大半のコンポーネントが該当)であれば、処理するデータの説明のほか選択も可能となるように Talend スキーマを定義できます。プロパティデータと同様、このスキーマは組み込みになっているか、作成したメタデータファイルの[Repository] (リポジトリー)にリモートで格納されています。次のセクションで、スキーマ設定の詳細を説明しています。