検証ルールを一元管理 - Cloud - 8.0

Talend Studioユーザーガイド

Version
Cloud
8.0
Language
日本語
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Cloud
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発
Last publication date
2024-02-22
対象製品...

Big Data

Big Data Platform

Cloud API Services Platform

Cloud Big Data

Cloud Big Data Platform

Cloud Data Fabric

Cloud Data Integration

Cloud Data Management Platform

Data Fabric

Data Integration

Data Management Platform

Data Services Platform

MDM Platform

Real-Time Big Data Platform

検証ルールとは、データの有効性をチェックするためにメタデータ項目に適用できる基本ルール、または整合性ルールのことです。ルールの種類は、厳密値の基本チェックと参照整合性のチェックのいずれかになります。この2つのルールは、どのデータベーステーブルや個別のカラム、ファイルメタデータまたは関連メタデータ項目にも適用できます。

デフォルトで、この機能はTalend Studioと共には出荷されていません。機能マネージャーを使ってインストールする必要があります。 詳細は、機能マネージャーを使って機能をインストールをご覧ください。

これでビジネスルールや検証ルールはすべて[Repository] (リポジトリー)メタデータに一元化されたため、必要に応じてルールを変更、有効化、無効化、削除できるようになりました。

ルールの定義は、[Validation Rules] (検証ルール)メタデータエントリーから、またはチェックするメタデータスキーマやカラムから直接実行できます。定義されたルールは、コンポーネントレベルのジョブデザインで使用されます。検証チェックをパスしなかったデータも、必要であれば、後処理のリジェクトリンクで簡単に取得できます。

ジョブデザインで検証ルールを使用する方法は、データ統合ジョブの例をご覧ください。