Workdayメタデータの一元化 - Cloud - 8.0

Talend Studioユーザーガイド

Version
Cloud
8.0
Language
日本語
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Cloud
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発
Last publication date
2024-02-22
Talend Studioの提供するWorkdayメタデータウィザードを使用すれば、Workdayシステムへの接続をすばやくセットアップし、Workdayメタデータをさまざまなジョブで再利用できます。

このタスクについて

Talend Studioの提供するSnowflakeメタデータウィザードを使用すれば、Workdayへの接続をすばやくセットアップし、目的のテーブルのスキーマを取得できます。

手順

  1. [Repository] (リポジトリー)ツリービューで[Metadata] (メタデータ)ノードを展開し、Workdayツリーノードを右クリックしてコンテキストメニューから[Create Workday] (Workdayの作成)を選択し、[Create Workday] (Workdayの作成)ウィザードを開きます。
  2. [Name] (名前)フィールドに、Workday接続の名前を入力し、[Next] (次へ)をクリックします。
  3. [Authentication mode] (認証モード)ドロップダウンリストからWorkdayへの認証方法を選択し、使用している認証方法に応じて、次の表にリストされているプロパティの値を指定します:
    プロパティ 説明
    [Tenant alias] (テナントエイリアス) Workdayに接続できるテナントIDを入力します。テナントエイリアスはWorkday管理者が提供します。
    [Token endpoint] (トークンエンドポイント) Workdayインテグレーションシステムユーザーに関連するトークンエンドポイントを入力します。
    [User login] (ユーザーログイン) Workdayインテグレーションシステムユーザーのユーザー名を入力します。
    [User password] (ユーザーパスワード) Workdayインテグレーションシステムユーザーのパスワードを入力します。
    [Client identifier] (クライアント識別子) Workdayへの接続に使うAPIクライアントのクライアントIDを入力します。
    [Private key] (プライベートキー) プライベートキーを入力します。プライベートキーを入力するには、[Private key] (プライベートキー)フィールドの横にある[...]ボタンをクリックし、[Enter a new password] (新しいパスワードを入力)ダイアログボックスを表示させ、テキストフィールドにプライベートキーを入力して[OK]をクリックします。プライベートキーは、[pure password] (純粋なパスワード)モードではJSON文字列で、[Java mode] (Javaモード)ではJava式として入力できます。テキストフィールドの上部にある[switch to Java mode] (Javaモードに切り替え)または[switch to pure password mode] (純粋なパスワードに切り替え)をクリックすることで、2つのモードの間で切り替えられます。
    クライアントシークレットキー [...]をクリックし、Workdayへの接続に使うAPIクライアントのクライアントシークレットを二重引用符で囲んで入力します。
    [Login] (ログイン)[Password] (パスワード) SOAP - WS-Security authentication modeのユーザー名とパスワードを入力します。
    [Integration system user] (インテグレーションシステムユーザー) インテグレーションシステムユーザーを入力します。インテグレーションシステムユーザーを作成することが、X.509証明書でSOAPリクエストをビルドする最初のステップです。
    [x509 Certificate] (x509証明書) X509証明書コンテンツを入力します。
    [Private key] (プライベートキー) プライベートキーを入力します。
  4. [Check Connection] (接続をチェック)をクリックして設定を確認します。
    入力した接続情報が正しければ、接続に成功したことを示すダイアログボックスが表示されます。OKをクリックしてダイアログボックスを閉じます。
  5. Click [Next] (次へ)をクリックしたら[Endpoint pattern] (エンドポイントパターン)パラメーターでエンドポイントパターンを入力します。
  6. [Report to use when checking connection] (接続確認時に使用するレポート)パラメーターで使用したいレポートの名前を入力します。
    このパラメーターは、 [Authentication mode] (認証モード)ドロップダウンリストから[SOAP - Login authentication mode] (SOAP - ログイン認証モード)または[SOAP - WS-Security authentication mode] (SOAP - WS-セキュリティ認証モード)を選択した場合に利用できます。
  7. [Finish] (終了)をクリックしてWorkday接続メタデータを保存します。

タスクの結果

これで、Workday接続をポジトリーで使用できるようになります。