XStream管理者を設定(非推奨) - Cloud - 8.0

Talend Studioユーザーガイド

Version
Cloud
8.0
Language
日本語
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Cloud
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発
Last publication date
2023-09-26

このタスクについて

XStream管理者を設定するには、ユーザーの作成、権限の付与、およびテーブルスペースの作成を行う権限を持つ管理ユーザーとしてOracleデータベースに接続し、次の手順に従います。

手順

  1. 次のステートメントを実行してXStream管理者のテーブルスペースを作成します。既存のテーブルスペースを使用する場合はこの手順をスキップします。
    CREATE TABLESPACE xstream_tbs DATAFILE '$ORACLE_HOME/dbs/xstream_tbs.dbf' SIZE 25M REUSE AUTOEXTEND ON MAXSIZE UNLIMITED;
  2. 次のステートメントを実行して、XStream管理者となる新しいユーザーを作成します。既存のユーザーを指定する場合は、このステップをスキップします。
    CREATE USER username IDENTIFIED BY password
    DEFAULT TABLESPACE xstream_tbs
    QUOTA UNLIMITED ON xstream_tbs;
    注:
    • CDBでXStream管理者を作成する場合、XStream管理者は一般ユーザーにする必要があります。一般ユーザーの名前はc##またはC##で始まり、ステートメントにはCONTAINER=ALL句を含める必要があります。

    • Oracleのデフォルトのテーブルスペースを使用してXStream管理者を作成する場合、ステートメントのDEFAULT TABLESPACEおよびQUOTA UNLIMITED ON句は削除する必要があります。

  3. 次のステートメントおよびプロシージャーを実行してXStream管理者に権限を付与します。
    GRANT DBA TO username;
    GRANT CONNECT, CREATE TABLE TO username;
    GRANT RESOURCE TO username;
    GRANT CREATE TABLESPACE TO username;
    GRANT UNLIMITED TABLESPACE TO username;
    GRANT SELECT_CATALOG_ROLE TO username;
    GRANT EXECUTE_CATALOG_ROLE TO username;
    GRANT CREATE SEQUENCE TO username;
    GRANT CREATE SESSION TO username;
    GRANT CREATE ANY VIEW TO username;
    GRANT CREATE ANY TABLE TO username;
    GRANT SELECT ANY TABLE TO username;
    GRANT COMMENT ANY TABLE TO username;
    GRANT LOCK ANY TABLE TO username;
    GRANT SELECT ANY DICTIONARY TO username;
    GRANT EXECUTE ON SYS.DBMS_CDC_PUBLISH to username;
    GRANT CREATE ANY TRIGGER TO username;
    GRANT ALTER ANY TRIGGER TO username;
    GRANT DROP ANY TRIGGER TO username;
    BEGIN
       DBMS_XSTREAM_AUTH.GRANT_ADMIN_PRIVILEGE(
          grantee => 'username',
          privilege_type => 'CAPTURE',
          grant_select_privileges => TRUE);
    END;
    /
    BEGIN
       DBMS_XSTREAM_AUTH.GRANT_ADMIN_PRIVILEGE(
          grantee => 'username',
          privilege_type => 'APPLY',
          grant_select_privileges => TRUE);
    END;
    /

タスクの結果

一般ユーザーに権限を付与する場合は、上記のGRANTステートメントおよびプロシージャーにCONTAINER=ALL句を含める必要があります。