コンテキストを作成し、その中でコンテキスト変数を定義 - Cloud - 8.0

Talend Studioユーザーガイド

Version
Cloud
8.0
Language
日本語
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Cloud
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発
Last publication date
2024-02-27

次の例では、ProdTestという2つのコンテキスト環境が含まれているコンテキストを作成するリポジトリーコンテキストウィザードを使う方法、そしてデータベース処理ジョブで再利用できるよう、リポジトリーにあるこの2つのコンテキスト環境の下で、hostportdatabaseusernamepasswordtable_nameという一連の変数を定義する方法を説明します。

[コンテキストを作成 / 編集]ウィザード。

必要な数のコンテキスト環境を作成して設定したら、[Finish] (終了)をクリックして確定します。[Repository] (リポジトリー)ツリービューのContextsノードの下にコンテキストが表示されます。ウィザードでコンテキスト、コンテキスト環境、コンテキスト変数をさらに編集する場合は、コンテキストノードを右クリックし、コンテキストメニューで[Edit context] (コンテキストを編集)を選択します。