コンテキスト環境を定義 - Cloud - 8.0

Talend Studioユーザーガイド

Version
Cloud
8.0
Language
日本語
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Cloud
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発
Last publication date
2024-04-16

手順

  1. デザインワークスペースでジョブを開き、[Context] (コンテキスト)ビューに進みます。
    [Context] (コンテキスト)ビューが表示されていない場合は、[Window] (ウィンドウ) > [Show View] (ビューを表示) > Talend[Context] (コンテキスト)と選択し、[Integration] (インテグレーション)パースペクティブで[Context] (コンテキスト)ビューを開きます。
  2. [Manage environments] (環境を管理)をクリックし、コンテキスト環境を定義します。
    ダイアログボックスが開き、Defaultという名前のコンテキスト環境がデフォルトで作成されます。
  3. デフォルトのコンテキスト環境を選択し、名前を変更(この例ではProdに)します。[OK]をクリックします。

    対象製品:

    Cloud API Services Platform

    Cloud Big Data

    Cloud Big Data Platform

    Cloud Data Fabric

    Cloud Data Integration

    Cloud Data Management Platform

    意味がある名前を選びます。CI/CDワークフローにジョブやルートを統合する必要がある場合は、コンテキスト環境名と、Talend Management Consoleのプロモーションパイプラインで使われる環境名を一致させることが重要です。詳細は、CI/CD実装でコンテキスト環境を使用をご覧ください。
  4. 表示されるダイアログボックスで[Create...] (作成...)をクリックし、Testと入力してOKをクリックします。
  5. デフォルトとして設定したいコンテキスト環境の前にあるチェックボックスをオンにします。
    必要であれば、コンテキスト環境を選択し、[Up] (上へ)ボタンか[Down] (下へ)ボタンをクリックしてコンテキストを上下に移動させます。

    この例では、Testをデフォルトのコンテキスト環境として設定し、上に移動させています。
    [コンテキスト環境を管理]ダイアログボックス。
  6. OKをクリックしてコンテキスト環境の定義を確定し、ダイアログボックスを閉じます。
    [Context] (コンテキスト)ビューのコンテキスト変数テーブルに、新しく作成されたコンテキスト環境が表示されます。
  7. 上記のステップを繰り返し、必要な数だけ新しいコンテキスト環境を作成します。
    新しい各コンテキスト環境の値を最初から定義するのではなく、最初のコンテキスト環境を作成し、そのすべての値を定義するという方法もあります。新しいコンテキスト環境を作成した時に、デフォルトとして選択されているコンテキスト環境のパラメーターがすべて新しいコンテキスト環境にコピーされるためです。その場合は、必要に応じて新しいコンテキスト環境の値を変更できます。
  8. オプション: Talendが提供する8.0 R2023-09以降のTalend Studioマンスリーアップデートをインストールしている場合は、[View environments] (環境を表示)をクリックし、複数選択が可能なドロップダウンリストから、コンテキスト変数テーブルに表示したいコンテキスト環境を選択します。