Talend Studioで利用できるドラッグ&ドロップのショートカット - Cloud - 8.0

Talend Studioユーザーガイド

Version
Cloud
8.0
Language
日本語
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Cloud
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発
Last publication date
2024-04-09

[Repository] (リポジトリー)ツリービューのMetadataノードからデザインワークスペースにデータベース接続とテーブルをドラッグ&ドロップできます。

Talend Studioで利用できるドラッグ&ドロップのショートカットは次のとおりです:

ドラッグ&ドロップのショートカット 実行されるアクション
接続をドラッグ&ドロップする [Components] (コンポーネント)ダイアログを開き、作成したいコンポーネントを選択します。
Ctrlを押したままテーブルや接続をドラッグ&ドロップする。

MacOSの場合は、fnを押したままテーブルや接続をドラッグ&ドロップする。

出力コンポーネント(tMysqlOutputなど)を作成します。

ウィザードによってはこのショートカットを利用できない場合があります。

CtrlShiftを押したままテーブルや接続をドラッグ&ドロップする。

MacOSの場合は、Ctrlを押したままテーブルや接続をドラッグ&ドロップする。

入力コンポーネント(tMysqlInputなど)を作成します。

ウィザードによってはこのショートカットを利用できない場合があります。