システムインジケーターの編集 - Cloud - 8.0

Talend Studioユーザーガイド

Version
Cloud
8.0
Language
日本語
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Cloud
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発
Last publication date
2024-04-16
対象製品...

Big Data Platform

Cloud API Services Platform

Cloud Big Data Platform

Cloud Data Fabric

Cloud Data Management Platform

Data Fabric

Data Management Platform

Data Services Platform

MDM Platform

Real-Time Big Data Platform

システムインジケーターは事前定義済みインジケーターですが、エディターで開いてその設定と定義を確認したり、編集したりでき、システムインジケーターを特定のデータベースバージョンや特定の必要に適合させることなどが可能です。ただし、システムインジケーターの名前を変更することはできません。

重要: インジケーターを編集すると[DQ Repository] (DQ リポジトリー)ツリービューにリスト表示されたインジケーターが変更されます。編集されたインジケーターを使用する可能性のあるすべての分析に対して、その変更が適切であることをご確認ください。

手順

  1. [DQ Repository] (DQリポジトリー)ツリービューで、[Libraries] (ライブラリー) > [Indicators] (インジケーター)と展開し、インジケーターのリストから編集するインジケーターを見つけます。
  2. インジケーターの名前を右クリックし、コンテキストメニューから[Open] (開く)を選択します。
    インジケーターのコンテキストメニュー。

    インジケーターエディターが開き、選択されたインジケーターのパラメーターが表示されます。

    [インジケーターメタデータ]セクションまたは[インジケーター定義]セクションの概要。
  3. インジケーターのメタデータを編集します。
    システムインジケーターの任意のメタデータフィールドを編集できますが、インジケーターの名前は編集できません。
  4. [Indicator Definition] (インジケーター定義)をクリックします。
    このビューでは、インジケーター定義の編集や選択されたデータベースの変更を行ったり、エディターの下にある[+]ボタンを使って利用可能なデータベース専用の他のインジケーターを追加したりできます。
  5. エディターの上部にある保存アイコンをクリックして変更を保存します。
    インジケーターがすべてのデータベースで利用できるほどシンプルなものである場合は、データベースリストで[Default] (デフォルト)を選択します。