データベーステーブルを名前に基づいてフィルタリング - Cloud - 8.0

Talend Studioユーザーガイド

Version
Cloud
8.0
Language
日本語
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Cloud
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発
Last publication date
2024-02-13

手順

  1. [Select Filter Conditions] (フィルター条件の選択)エリアで[Use the Name Filter] (名前フィルターの使用)オプションを選択します。
  2. [Select Types] (タイプの選択)エリアで、フィルターまたは表示するデータベースオブジェクトのチェックボックスをオンにします。
    注: 選択されたデータベースによって利用できるオプションは異なります。
  3. [Set the Name Filter] (名前フィルターの設定)エリアで[Edit...] (編集)をクリックし、[Edit Filter Name] (フィルター名の編集)ダイアログボックスを開きます。
  4. 使用するフィルターをダイアログボックスに入力します。

    たとえば、"A"で始まる名前のデータベースオブジェクトを取り出すには、A%というフィルターを入力します、また"type"で終わる名前のデータベースオブジェクトすべてを取り出すには、フィルターに%typeと入力します。
  5. OKをクリックしてダイアログボックスを閉じます。
  6. [Next] (次へ)をクリックすると、ウィザードで新しいビューが開き、フィルタリングされたデータベースオブジェクトが表示されます。