XSDファイルからXMLツリーストラクチャーをインポート - Cloud - 8.0

Talend Studioユーザーガイド

Version
Cloud
8.0
Language
日本語
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Cloud
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発
Last publication date
2023-09-26

手順

  1. 該当する入力フローテーブルで、カラム名を右クリックしてコンテキストメニューを開きます。この例ではCustomerです。
  2. このメニューから、[Import From File] (ファイルからインポート)を選択します。
  3. ポップアップダイアログボックスで、目的のXMLツリーストラクチャーを指定するために必要となるXSDファイルを参照してダブルクリックします。
  4. 表示されたダイアログボックスで、[Root] (ルート)リストからXMLツリーのルートとしてエレメントを選択して、OKをクリックします。これにより、インポートしたXSDファイルで記述されたXMLツリーが構築されます。
    注: インポートしたXMLツリーのルートは次のように柔軟に選択できます。
    • XSDファイルから入力または出力XMLツリーストラクチャーをインポートする際に、XMLツリーのルートとしてエレメントを選択できます。
    • XMLストラクチャーをインポートすると、[root] (ルート)タグの名前が自動的にXMLソースの名前に変更されます。このルートの名前を手動で変更するには、ツリースキーマエディターを使用する必要があります。このエディターの詳細は、XMLツリースキーマの編集をご覧ください。

次のタスク

ここで、XMLツリーストラクチャーのループエレメントを定義する必要があります。ループエレメントを定義する方法の詳細は、インポートされたXMLストラクチャーのループエレメントを設定またはリセットするをご覧ください。