データ統合デモプロジェクトに例ファイルをインストール - Cloud - 8.0

Talend Studioユーザーガイド

Version
Cloud
8.0
Language
日本語
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Cloud
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発
Last publication date
2024-02-22

データ統合デモプロジェクトをインポートして初めて開くと、例ジョブで使用される例ファイルをインストールするように求められます。

手順

  1. [Repository] (リポジトリー)ツリービューで[Contexts] (コンテキスト)ノードを展開し、コンテキストグループglobalContextを開きます。
  2. 必要に応じてroot変数の値を変更し、例ファイルが生成されるディレクトリーを定義します。デフォルト値はC:\TalendDemoFiles\です。
  3. 実際のTalend Studioインストールのローカルワークスペースのパスに従って、workspace変数の値を変更します。
  4. [Finish] (終了)をクリックし、[Yes] (はい)をクリックして変更を適用します。
  5. [Update Detection] (検出のアップデート)ダイアログボックスでOKをクリックして、選択した項目をアップデートします。
  6. beforeRunJobsジョブを開き、F6を押してジョブを実行します。

タスクの結果

例ファイルはすべて、root変数で指定したディレクトリー内に生成されます。