Talend Studioでパースペクティブを保持 - Cloud - 8.0

Talend Studioユーザーガイド

Version
Cloud
8.0
Language
日本語
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Cloud
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発
Last publication date
2024-04-16
Talendが提供する8.0 R2022-12以降のTalend Studioマンスリーアップデートをインストール済みである場合は、Talend Studioでのパースペクティブを保持できます。

手順

  1. メニューバーで、[Window] (ウィンドウ) > [Preferences] (環境設定)とクリックし、[Preferences] (環境設定)ダイアログボックスを開きます。
  2. [Preferences] (環境設定)ダイアログボックス内のツリービューでTalendノードを展開し、[Appearance] (外観)をクリックして、該当するビューを表示させます。
  3. [Keep perspective to] (パースペクティブを次に保持:)ドロップダウンリストから、必要に応じて次のいずれかのオプションを選択します。
    • [Current project] (現在のプロジェクト): 現在のパースペクティブを現在のプロジェクトに保持します。このオプションはデフォルトで選択されています。
      注: リモートプロジェクトで作業中の場合、パースペクティブは現在のブランチの現在のプロジェクトにのみ保持されます。
    • [Current workspace] (現在のワークスペース): 現在のパースペクティブを現在のワークスペースに保持します。現在のワークスペースにあるプロジェクトのパースペクティブはすべて同じです。
      注: プロジェクトでいずれかの機能(データクオリティなど)を有効にし、その機能のパースペクティブを現在のワークスペースに保持したままプロジェクトで作業を行った後、その機能が無効になった別のプロジェクトにログオンすると、その機能のパースペクティブ状態は失われます。
  4. [Apply and Close] (適用して閉じる)をクリックして変更を保存し、ダイアログボックスを閉じます。