Talend Studioで利用できるキーボードショートカット - Cloud - 8.0

Talend Studioユーザーガイド

Version
Cloud
8.0
Language
日本語
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Cloud
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発
Last publication date
2024-02-27

Talend Studioで利用できるキーボードショートカットは次のとおりです。

ショートカット 操作 コンテキスト
F1 [Help] (ヘルプ)タブビューにコンテキスト依存のヘルプ情報を表示します。 グローバルに適用
F2 選択されたコンポーネントの[Component] (コンポーネント)設定ビューを表示 グローバルに適用
F4 [Run Job] (ジョブを実行)ビューを表示 グローバルに適用
F6 現在のジョブを実行するか、開いているジョブがなければ[Run Job] (ジョブを実行)ビューを表示 グローバルに適用
Ctrl + F2 [Module] (モジュール)ビューを表示 グローバルに適用
Ctrl + F3 [Problems] (問題)ビューを表示 グローバルに適用
Ctrl + H 現在のジョブの[Designer] (デザイナー)ビューを表示 グローバルに適用
Ctrl + G 現在のジョブの[Code] (コード)ビューを表示 グローバルに適用
Ctrl + Shift + F3 コンポーネントをjavajetコンポーネントと同期 グローバルに適用
Ctrl + Shift + R [Open Resource] (リソースを開く)ダイアログを開く グローバルに適用
Ctrl + Shift + J [Find a Job] (ジョブ検索)ダイアログを開く グローバルに適用(Windows)
F7 [Debug] (デバッグ)モードに切り替え [Run Job] (ジョブを実行)ビューから
F8 現在のジョブを強制終了 [Run Job] (ジョブを実行)ビューから
F5 [Repository] (リポジトリー)ビューを更新 [Repository] (リポジトリー)ビューから
Ctrl + G 初期の[Repository] (リポジトリー)ビューを復元 [Repository] (リポジトリー)ビューから
F5 モジュールのインストールステータスを更新 [Modules] (モジュール)ビューから
F5 [New Context Parameter] (新規コンテキストパラメーター)ダイアログを開いてコンテキスト変数を作成 [Components] (コンポーネント)ビューから
Ctrl + L SQLクエリーを実行 Talendコマンド(Windows)
Ctrl + スペースバー グローバルおよびユーザー定義変数にアクセスします。選択したコンポーネントによって、エラーメッセージであったり行番号であったりすることがあります。 [Job] (ジョブ)または[Component] (コンポーネント)ビューの任意のコンポーネントフィールドから