データベース接続を開く、または編集する - Cloud - 8.0

Talend Studioユーザーガイド

Version
Cloud
8.0
Language
日本語
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Cloud
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発
対象製品...

Big Data Platform

Cloud API Services Platform

Cloud Big Data Platform

Cloud Data Fabric

Cloud Data Management Platform

Data Fabric

Data Management Platform

Data Services Platform

MDM Platform

Real-Time Big Data Platform

特定のデータベースへの接続を編集し、メタデータ接続や接続情報を変更できます。

始める前に

Profilingパースペクティブでデータベース接続が作成されていること。

手順

  1. [DQ Repository] (DQリポジトリー)ツリービューで、[Metadata] (メタデータ) > [DB Connection] (データベース接続)と展開します。
  2. データベース接続をダブルクリックして開きます。
    データベース接続ウィザードが表示されます。
  3. ウィザードの手順を実行し、必要に応じて、データベース接続の設定を変更します。
  4. [Finish] (終了)をクリックして変更を有効にします。
    ダイアログボックスが開き、アップデートしたデータベース接続をリロードするよう指示されます。
  5. アップデートされたデータベース接続の新しいデータベースストラクチャーをリロードしたい場合は、[reload] (リロード)オプションを選択します。
    注: [don't reload] (リロードしない)オプションを選択した場合でも、データベースのアップデート後に、接続を使って分析を実行できます。
    Studioのプロファイリング分析でデータベース接続が使用されている場合は、[Exist client dependency] (クライアント依存項目あり)ダイアログボックスが開き、このデータベース接続を使用する分析がすべてリスト表示されます。データベースの新規ストラクチャーをリロードすると、接続を使用するすべての分析が使用できなくなり、警告が表示されます。その場合でも[DQ Repository] (DQリポジトリー)ツリービューには常に分析が表示されます。
  6. [OK]をクリックしてデータベースストラクチャーのリロードを行うか、[Cancel] (キャンセル)をクリックして操作を中止し、ダイアログボックスを閉じます。
    複数の確認のメッセージが次々に表示されます。
  7. [OK]をクリックして、メッセージを閉じ、新規接続のストラクチャーをリロードします。