アウトライン - Cloud - 8.0

Talend Studioユーザーガイド

Version
Cloud
8.0
Language
日本語
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Cloud
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発
Last publication date
2024-02-22

[Outline] (アウトライン)タブには、デザインワークスペースで開いているジョブのクイックビュー、およびジョブで使用されている全エレメントのツリービューが表示されます。他のウィンドウエリアと同じく、デザインワークスペースも必要に応じてサイズを変更できるため、[Outline] (アウトライン)ビューは自分がデザインワークスペースのどの位置にいるかを確認する時に便利です。

[概要]ビュー。

このダイアグラムでは、デザインワークスペースを示す部分が青い長方形で強調表示されています。

強調表示された表示をクリックして、マウスボタンを押さえます。それから、長方形をジョブの上に移動します。それに応じてデザインワークスペースのビューも移動します。

[Outline] (アウトライン)ビューには、現在のダイアグラムで使用されているコンポーネントのフォルダーツリービューも表示されます。コンポーネントのノードを展開して、このコンポーネントで利用できる変数のリストを表示します。

グラフィカルアウトラインビューとツリービューの間を切り替える場合は、パネルの右上にある[Graphical outline view] (グラフィカルアウトラインビュー)[Tree outline view] (ツリーアウトラインビュー)をクリックします。

ツリービューノードを選択してから[Outline] (アウトライン)ビューのツールバーで[Direct] (直接)をクリックすると、デザインワークスペースにある実際の関連項目に移動できます。