エレメントを1つのドキュメントに出力する - Cloud - 8.0

Talend Studioユーザーガイド

Version
Cloud
8.0
Language
日本語
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Cloud
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発
Last publication date
2023-09-21

このタスクについて

常に出力エレメントを分類し、出力XMLフローを分割する集約エレメントを使用していない場合、tXMLMapエディターで[All in one] (オールインワン)機能を使用して、XMLフローを単一のフローとして出力するか、あるいは個別のフローとして出力するか決定できます。

[Map editor] (マップエディター)の出力側で、次の手順に従います。

手順

  1. ペンチのアイコンをクリックして、マップ設定パネルを開きます。次の図に例を示します。
  2. [All in one] (オールインワン)フィールドをクリックして、ドロップダウンリストから[true] (真)または[false] (偽)を選択して、出力XMLフローを単一のフローにするかどうかを指定します。
    • [true] (真)を選択すると、XMLデータはすべて単一のフローで出力されます。この例では、単一フローは次のようになります。

      このフローのストラクチャーは次のようになります。

    • [false] (偽)を選択すると、データは個別のフローで出力され、それぞれのループが1つのフローになり、グルーピングや集約は行われません。この例のフローは次のようになります。

      各フローには、1つの完全なXMLストラクチャーが含まれます。最初のフローを例にとると、そのストラクチャーは次のようになります。

    注: [All in one] (オールインワン)機能は、集約エレメントを使用していると無効になります。