プロセスを通じてビューの結果を実行する - Cloud - 8.0

Talend Studioユーザーガイド

Version
Cloud
8.0
Language
日本語
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Cloud
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発
Last publication date
2023-09-21
対象製品...

Data Fabric

MDM Platform

始める前に

  • MDMサーバーが稼動していること。

  • Talend StudioからMDMサーバーに接続されており、

  • 必要に対応するプロセスが作成済みであること。

このタスクについて

プロセスを通じてビューの結果を実行するには、以下のようにします:

手順

  1. ビューの作成で説明されているステップに従い、対応するデータモデルのビューを作成します。
  2. [Run the view results through a Process] (プロセスを通じてビューの結果を実行する)チェックボックスをオンにして、プロセスリストを使用できるようにします。
  3. 矢印をクリックし、現在のビューに添付するプロセスをリストから選択します。
    この例では、オンザフライでデータをエンリッチ化するプロセスの作成で作成したLookupLocationを選択します。
  4. ツールバーの保存アイコンをクリックするか、またはCtrl + Sを押してビューを保存します。

次のタスク

これで、ビジネスユーザーまたはデータスチュワードがTalend MDM Web UIからこのビューを使用してデータレコードを参照するたびに、プロセスによってソースシステムから取得された値が、MDMハブに実際に保存することなく[Region] (リージョン)フィールドに表示されます。

警告: フィールドに元の値がない場合、ビュー内でデータがプロセスによってアップデートされることはありません。