スキーマの環境設定(Talend > [Specific Settings] (特定の設定)) - Cloud - 8.0

Talend Studioユーザーガイド

Version
Cloud
8.0
Language
日本語
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Cloud
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発
Last publication date
2024-04-09

このタスクについて

コンポーネントのスキーマフィールドのデフォルトのデータ長さとデータ型を定義できます。

手順

  1. メニューバーで、[Window] (ウィンドウ) > [Preferences] (環境設定)とクリックし、[Preferences] (環境設定)ダイアログボックスを開きます。
  2. Talendノードを展開して、[Specific Settings] (特別設定) > [Default Type and Length] (デフォルトのデータ型と長さ)とクリックし、スキーマのデータ型と長さを表示します。
    ダイアログボックス内の[デフォルトのデータ型と長さ]設定。
  3. 必要に応じて、パラメーターを設定します。
    • [Default Settings for Fields with Null Values] (null値のデフォルト設定)エリアで、データ型とフィールドの長さを入力し、Nullフィールドに適用します。
    • [Default Settings for All Fields] (フィールドのデフォルト設定)エリアで、データ型とフィールドの長さを入力し、スキーマのすべてのフィールドに適用します。
    • [Default Length for Data Type] (データ型のデフォルト長)エリアで、各データ型のフィールドの長さを入力します。