スクリプトモード - Cloud - 8.0

Talend Studioユーザーガイド

Version
Cloud
8.0
Language
日本語
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Cloud
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発
Last publication date
2024-02-13
対象製品...

Big Data

Big Data Platform

Data Fabric

Data Integration

Data Management Platform

Data Services Platform

ESB

MDM Platform

Real-Time Big Data Platform

スクリプトモードで、Talend CommandLineはコマンドのリストが含まれているスクリプトファイルを読み取って、それらを実行します。これを行うには、commandline.shに次のコマンドを入力します:
./Talend-Studio-linux-gtk-x86 -nosplash -application org.talend.commandline.CommandLine
-consoleLog -data commandline-workspace scriptFile /tmp/myscript

必要に応じて、--disableLocalModeというパラマウントベッドを追加して、Talend CommandLineのローカルモードを無効化できます。そうすると、helpコマンドとinitRemoteコマンドのみ有効になります。

Talend CommandLineによって読み取られるスクリプトファイルの例:
initRemote http://localhost:8888/org.talend.administrator -ul admin@company.com -up passwd
logonProject -pn myProject
exportItems /tmp/myitems.zip