分析するカラムの選択 - Cloud - 8.0

Talend Studioユーザーガイド

Version
Cloud
8.0
Language
日本語
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Cloud
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発
Last publication date
2024-02-13
対象製品...

Big Data Platform

Cloud API Services Platform

Cloud Big Data Platform

Cloud Data Fabric

Cloud Data Management Platform

Data Fabric

Data Management Platform

Data Services Platform

MDM Platform

Real-Time Big Data Platform

手順

  1. 分析エディタ内の[Connection] (接続)リストから、分析を実行するデータベース接続を選択します。
    現在のところ、名義コリレーション分析はデータベースのカラムに対してのみ可能です。[Connection] (接続)リストから他の接続を選択すると、データベース接続を変更できます。新しく設定するデータベース接続に分析済みカラムが存在しない場合は警告メッセージが表示され、操作を続行またはキャンセルできます。
  2. [Select Columns] (カラムの選択)をクリックして[Column Selection] (カラム選択)ダイアログボックスを開き、分析するカラムを選択するか、[DQ Repository] (DQリポジトリー)ツリービューから直接ドラッグします。
    あまり多くのカラムを選択すると、分析結果の表が非常に読みづらくなります。
    [Analyzed Columns] (分析済みカラム)ビューにリスト表示されたいずれかのカラムを右クリックし、[Show in DQ Repository view] (DQリポジトリービューで表示)を選択すると、ツリービューの対応する接続の下にある、選択カラムを見つけることができます。
  3. 必要であれば、[Indicators] (インジケーター)ビューで[Options] (オプション)をクリックしてダイアログボックスを開き、各インジケーターのしきい値を設定します。
    シンプル統計を表すインジケーターは、デフォルトでこの分析タイプに関連付けられています。
  4. [Data Filter] (データフィルター)ビューで、必要に応じて、SQL WHERE句を入力し、分析を実行するデータをフィルター処理します。
  5. [Analysis Parameter] (分析パラメーター)ビューの[Number of connections per analysis] (分析ごとの接続数)フィールドで、必要に応じて、選択されたデータベース接続に対して許可する分析ごとの同時接続数を設定します。
    この数値はデータベースの利用可能リソース、つまりデータベースがサポートできる同時接続数に基づいて設定します。
  6. 分析エディターでコンテキスト変数を定義した場合は、次の手順に従います。
    1. [Data Filter] (データフィルター)ビューおよび[Analysis Parameter] (分析パラメーター)ビューを使用して、データをフィルター処理するためのコンテキスト変数を設定/選択し、それぞれの分析ごとの同時接続数を決定します。
    2. [Context Settings] (コンテキスト設定)ビューで、リストから、分析を実行するために使用するコンテキスト環境を選択します。
    コンテキストと変数の詳細は、分析でのコンテキスト変数の使用方法をご覧ください。
  7. F6を押して分析を実行します。
    エディターが[Analysis Results] (分析結果)タブに切り替わり、結果が表示されます。
    分析結果の詳細な説明については、名義コリレーション分析結果を検討をご覧ください。