データベースカラムを選択してサンプルデータを設定 - Cloud - 8.0

Talend Studioユーザーガイド

Version
Cloud
8.0
Language
日本語
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Cloud
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発
Last publication date
2024-04-09
対象製品...

Big Data Platform

Cloud API Services Platform

Cloud Big Data Platform

Cloud Data Fabric

Cloud Data Management Platform

Data Fabric

Data Management Platform

Data Services Platform

MDM Platform

Real-Time Big Data Platform

手順

  1. [DB connections] (データベース接続)を展開し、目的のデータベースで、分析を行うカラムに移動します。
    注: DB2データベースでプロファイリングをする場合、テーブルのカラム名に二重引用符が使用されていても、カラムを取得する際に二重引用符は取得されません。そのため、DB2データベースのテーブルではカラム名に二重引用符を使用しないことが推奨されます。
  2. カラムを選択し、[Finish] (終了)をクリックしてウィザードを閉じます。
    新規作成した分析のフォルダーが[DQ Repository] (DQリポジトリー)ツリービューの[Analysis] (分析)ノードの下に表示され、分析エディターが開いて、分析メタデータが表示されます。
    [データプレビュー]セクションと[分析済みカラム]セクションの概要。
    この例では、フルネーム、メールアドレス、売上額を分析します。
  3. [Data preview] (データプレビュー)ビューで、[Refresh Data] (データを更新)をクリックします。
    選択したカラム内のデータがテーブルに表示されます。
  4. [Data preview] (データプレビュー)ビューで、実行したいアクションを選択します。
    • [新しい接続]: ウィザードを開き、エディター内からデータソースへの接続を作成します。

      このセクションの上部にある[Connection] (接続)フィールドには、Talend Studioで作成した接続がすべてリスト表示されています。

    • [Select Columns] (カラムを選択): [Column Selection] (カラム選択)ダイアログボックスを開くと、テーブル内にリスト表示されているカラムを選択し、その選択を分析または変更できます。開いたダイアログボックスで[Table filter] (テーブルフィルター)フィールドや[Column filter] (カラムフィルター)フィールドに必要なテキストを入力すると、テーブルやカラムのリストをフィルタリングできます。
    • [Select Indicators] (インジケーターを選択): [Indicator Selection] (インジケーターの選択)ダイアログボックスを開くと、カラムのプロファイリングに使用するインジケーターを選択できます。
    • [n first rows] (最初のn行)または [n random rows] (ランダムなn行): 選択したカラムから最初のNデータレコードをテーブルにリスト、または選択したカラムからランダムなNレコードをリスト表示します。
    • [Refresh Data] (データを更新): 設定した条件に従って、選択したカラムにデータを表示します。
    • [Run with sample data] (サンプルデータで実行): [Limit] (制限)フィールドで、サンプルデータセットにのみ分析を実行します。
  5. [Limit] (制限)フィールドで、テーブルに表示してサンプルデータとして使用するデータレコードの数を設定します。
  6. 分析するカラム数が多い場合は、[Analyzed Columns] (分析済みカラム)セクションで右上の矢印を使い、ビュー内に複数のページを開きます。
    分析するカラムを[DQ Repository] (DQリポジトリー)ツリービューから[Analyzed Columns] (分析済みカラム)リストに直接ドラッグすることもできます。
    分析するカラムの1つがプライマリキーまたは外部キーの場合、そのデータマイニングタイプは、[Analyzed Columns] (分析済みカラム)リストで表示すると、自動的に[Nominal] (名義)になります。
    詳細は、データマイニングのタイプをご覧ください。
  7. 必要に応じて、[Analyzed Columns] (分析済みカラム)セクションに表示されるいずれかのカラムを右クリックし、[Show in DQ Repository view] (DQリポジトリービューで表示)を選択します。[DQ Repository] (DQリポジトリー)ツリービューのデータベース接続の下にそのカラムが見つかります。