エレメントのデフォルト値ルールを設定 - Cloud - 8.0

Talend Studioユーザーガイド

Version
Cloud
8.0
Language
日本語
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Cloud
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発
Last publication date
2024-02-22
対象製品...

Data Fabric

MDM Platform

このタスクについて

特定のエレメントのデフォルト値を定義するために、ルールを定義できます。このデフォルト値は、ビジネスユーザーがTalend MDM Web UIを使用して特定のエレメントを含む新しいレコードを作成した時に、自動的に表示されます。

以下の例は、Agentエンティティ内に文字列タイプのStatusエレメントに対するデフォルト値ルールを設定する方法を説明しています。

手順

  1. [Data Model Entities] (データモデルエンティティ)エリアで、デフォルト値ルールを定義するエレメントをクリックします。
  2. [Properties] (プロパティ)ビューで[Rules] (ルール)タブをクリックし、[Default Value] (デフォルト値)タブをクリックします。
  3. [Expression] (式)エリアで、選択したエレメントにデフォルト値を設定します。
    この例では、[Expression] (式)エリアに"Pending"と入力します。
    文字列タイプのエレメントに加えて、以下に適用されるデフォルト値ルールを設定できます。
    • 数値タイプのエレメント。たとえば、10または12.5と入力します。

    • ブール値タイプのエレメント。たとえば、fn: true()またはfn: false()と入力します。

  4. 変更を保存し、[Validation Result Dialog] (検証結果ダイアログ)ダイアログボックスが表示されたら、OKをクリックします。

タスクの結果

変更されたデータモデルをMDMサーバーにデプロイし、Talend MDM Web UIに移動して、デフォルト値ルールが有効になったことを確認します。

項目をMDMサーバーにデプロイする方法は、リポジトリー項目のMDMサーバーへのデプロイをご覧ください。