ジョブにリポジトリースキーマを設定 - Cloud - 8.0

Talend Studioユーザーガイド

Version
Cloud
8.0
Language
日本語
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Cloud
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発
Last publication date
2024-04-15

ジョブを作成する時に特定のデータベース接続やファイルを使用することが多い場合は、Integrationパースペクティブの[Repository] (リポジトリー)ツリービューにある[Metadata] (メタデータ)ノードでメタデータファイルを作成して格納すると、同じプロパティを何度も定義せずに済みます。

手順

  1. 現在のジョブにメタデータファイルを呼び戻すには、次の手順に従います。
    • [Schema] (スキーマ)リストで[Repository] (リポジトリー)を選択し、関連するメタデータファイルを選択します。
    • または、[Repository] (リポジトリー)ツリービューから、デザインワークスペースに既にドロップしたコンポーネントにメタデータ項目を直接ドロップします。
  2. [Edit Schema] (スキーマを編集)をクリックし、データが適切かどうか調べます。
    コンポーネントの[基本設定]ビュー。

    ジョブで使用されるリポジトリースキーマは、[Basic settings] (基本設定)ビューで編集できます。ただし、スキーマは現在のジョブで組み込みになります。

    注: このウィンドウでは、リポジトリーに格納されているスキーマを変更することはできません。リモートに格納されているスキーマを編集するには、[Metadata] (メタデータ)ノードの下でそのスキーマを右クリックし、該当する編集オプション、つまり[Edit connection] (接続の編集)[Edit file] (ファイルの編集)をコンテキストメニューで選択します。