Entity ActionまたはWelcome Action ProcessにcallJobプロセスチェーンを設定する - Cloud - 8.0

Talend Studioユーザーガイド

Version
Cloud
8.0
Language
日本語
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Cloud
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発
Last publication date
2023-12-06
対象製品...

Data Fabric

MDM Platform

このタスクについて

[Create Process] (プロセスの作成)ウィザードを使用してEntity Action ProcessまたはWelcome Action ProcesscallJobプロセスチェーンを設定するには、次の手順に従います。

手順

  1. [MDM Repository] (MDMリポジトリー)ツリービューで[Event Management] (イベント管理)ノードを展開し、[Process] (プロセス)ノードを右クリックし、[New] (新規)をクリックします。
    [Create Process] (プロセスの作成)ウィザードが開きます。
  2. 作成するプロセスのタイプを選択し、[Next] (次へ)をクリックします。
    [Create Process] (プロセスの作成)ウィザードの次の画面が開きます。
  3. Entity Action ProcessまたはWelcome Action Processのどちらを作成するかを選択します。
    Entity Action Processは特定のエンティティ(ウィザードの次のステップで定義する)にリンクされています。Welcome Action Processが、Talend MDM Web UIのウェルカムページにスタンドアロンリンクとして表示されます。
  4. [Description] (説明)フィールドの横にある[...]ボタンをクリックします。
    [Set multi-lingual message] (多言語メッセージの設定)ダイアログボックスが開きます。
  5. プロセスに付随する英語ラベルのテキストを入力し、[+]ボタンをクリックします。
    注: 必要に応じて、他の言語のラベルのローカライズバージョンを定義することもできます。
  6. OKをクリックして[Create Process] (プロセスの作成)ウィザードに戻ります。
  7. [Entity] (エンティティ)フィールドの横にある[...]ボタンをクリックします。
    [Select one Entity] (エンティティを1つ選択します)ダイアログボックスが開きます。
  8. プロセスを生成するエンティティを選択し、[Add] (追加)をクリックして、[Create Process] (プロセスの作成)ウィザードに戻ります。
    注: Welcome Action Processを作成する場合は、エンティティを選択するステップをスキップし、[Optional Name] (オプションの名前)フィールドにプロセスの名前を手動で入力します。
  9. [Next] (次へ)をクリックします。
    [Create Process] (プロセスの作成)ウィザードの次の画面が開きます。
  10. プロセスでWebブラウザーをURLにリダイレクトする場合、URLフィールドでURLを指定し、[Enable redirection] (リダイレクトの有効化)チェックボックスをオンにします。
  11. [Next] (次へ)をクリックします。
  12. [Generate the template job] (テンプレートジョブを生成)チェックボックスをオンまたはオフにして、プロセスにテンプレートジョブを生成するかどうかを指定し、[Finish] (終了)をクリックします。
    プロセスと、該当する場合はテンプレートジョブが開きます。