データベース接続を設定 - Cloud - 8.0

Talend Studioユーザーガイド

Version
Cloud
8.0
Language
日本語
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Cloud
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発
Last publication date
2024-04-09

データベース接続を最初から作成するには、[Repository] (リポジトリー)ツリービューで[Metadata] (メタデータ)を展開し、[Db Connections] (データベース接続)を右クリックして[Create connection] (データベース接続の作成)を選択し、データベース接続セットアップウィザードを開きます。

接続先としたいデータベースのタイプを選択する場合は、[Find] (検索)テキストボックスにデータベース名を入力するか、リストを直接スクロールダウンして目的のデータベースをクリックします。
[Database connection] (データベース接続)

ジョブで定義したデータベース接続パラメーターを一元管理するためには、該当するデータベースコンポーネントの[Basic settings] (基本設定)ビュー([Property Type] (プロパティタイプ)[Built-in](組み込み)に設定)で[Save] (保存)アイコンをクリックし、データベース接続セットアップウィザードを開きます。

既存のデータベース接続を変更するには、[Repository] (リポジトリー)ツリービューから接続項目を右クリックし、[Edit connection] (接続の編集)を選択してセットアップウィザードを開きます。

ウィザードで接続の一般的なプロパティとパラメーターを定義します。