シェルモード - Cloud - 8.0

Talend Studioユーザーガイド

Version
Cloud
8.0
Language
日本語
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Cloud
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発
Last publication date
2023-09-21
対象製品...

Big Data

Big Data Platform

Data Fabric

Data Integration

Data Management Platform

Data Services Platform

ESB

MDM Platform

Real-Time Big Data Platform

このタスクについて

シェルモードでは、CommandLineコマンドを1回入力できます。これにより、毎回CommandLineを再起動せずに、CommandLine独自のキーワード入力することのみが必要になります。

LinuxでCommandLineをシェルモードで起動するには、

手順

  1. CommandLineディレクトリーに切り替えます。
  2. 以下のコマンドを入力して、シェルモードに切り替えます:
    ./Talend-Studio-linux-gtk-x86 -nosplash -application org.talend.commandline.CommandLine
    -consoleLog -data commandline-workspace shell
  3. 次に、CommandLineコマンドを入力します。たとえば:
    initRemote http://myAdminCenterURL.com -ul a@b.c -up mypassword
    正しいユーザー認証情報を入力したことをご確認ください。認証情報が正しい場合は、自動的に保存され、プロジェクトへのログオン中に再利用されます。間違っている場合は、エラー情報が表示されます。
  4. 上のコマンドの出力がCommandLineによって返されたら、次のコマンドを入力します:
    listProject
    警告: ヘルプにアクセスして、すべての有効なコマンドをリスト表示するには、スタンドアロンモードでCommandLineを起動し、helpコマンドを実行します。スタンドアロンモードからCommandLineをシェルモードで実行できるため、最も完全なヘルプはスタンドアロンモードでのCommandLineによるものです。