同じ接続の異なるコンテキストの切り替え - Cloud - 8.0

Talend Studioユーザーガイド

Version
Cloud
8.0
Language
日本語
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Cloud
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発
Last publication date
2023-09-26
対象製品...

Big Data Platform

Cloud API Services Platform

Cloud Big Data Platform

Cloud Data Fabric

Cloud Data Management Platform

Data Fabric

Data Management Platform

Data Services Platform

MDM Platform

Real-Time Big Data Platform

同じデータベース接続またはファイル接続に複数のコンテキストを作成すると、接続からメニュー[Switch context] (コンテキストの切り替え)にアクセスできるようになります。このメニューを使用して、現在の分析を実行するためのコンテキストを選択できます。

始める前に

Profilingパースペクティブで1つの接続に複数のコンテキストが定義されていること。詳細は、同じ接続に対する複数のコンテキストの作成をご覧ください。

ウィザードで、データベース名、スキーマ名、またはカタログ名が定義されていることを確認します。これにより、コンテキストを切り替える時に正しいデータベースストラクチャーを取得できます。

手順

  1. [DQ Repository] (DQリポジトリー)ツリービューで、[Metadata] (メタデータ) > [DB connections] (データベース接続)、または[Metadata] (メタデータ) > [FileDelimited connections] (区切りつきファイル接続)と展開します。
  2. コンテキストとしてエクスポートされた接続を右クリックして、コンテキストメニューから[Switch context] (コンテキストの切り替え)を選択します。[Choose context] (コンテキストの選択)ダイアログボックスが表示されます。
  3. リストから現在の接続で設定するコンテキストを選択し、OKをクリックしてダイアログボックスを閉じます。
    接続エディターを更新するよう促す確認メッセージが表示されます。
  4. OKをクリックして、メッセージを閉じます。
    コンテキストは現在の選択に応じて変更されています。
    データインテグレーションジョブまたはデータクオリティ分析で使用するコンテキストおよび変数の一元管理の詳細は、データベースメタデータを一元管理をご覧ください。