一元管理されたメタデータをジョブで使用 - Cloud - 8.0

Talend Studioユーザーガイド

Version
Cloud
8.0
Language
日本語
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Cloud
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発
Last publication date
2024-02-13

このタスクについて

さまざまなジョブでファイルやデータベース接続を反復使用できるよう、[Metadata] (メタデータ)ノードの下にある[Repository] (リポジトリー)ツリービューに接続とスキーマのメタデータを格納することをお勧めします。データベース、ファイル、システムへの接続を始め、確立された接続がMetadataノードの下にある各種フォルダーにグルーピングされます。

[Repository] (リポジトリー)ツリービューで接続やスキーマを一元化する場合は、さまざまなウィザードを利用できます。

メタデータが[Metadata] (メタデータ)ノードの下に保管されたら、該当するコンポーネントをデザインワークスペースに直接ドロップできます。

手順

  1. Integrationパースペクティブの[Repository] (リポジトリー)ツリービューで[Metadata] (メタデータ)とジョブで使用する接続が含まれているフォルダーを展開します。
  2. 該当する接続やスキーマをデザインワークスペースにドロップします。
    [メタデータ]ビューからデザインワークスペースにテーブルスキーマをドロップする方法を示すスクリーンショット。
    ダイアログボックスが表示され、表示されるコンポーネントの中から使用するものを選択します。
    使用するコンポーネントを選択するダイアログボックス。
  3. コンポーネントを選択し、OKをクリックします。選択されたコンポーネントがデザインワークスペースに表示されます。

タスクの結果

また、使用するコンポーネントのタイプ(入力または出力)に基づいて、次のいずれかの操作を実行します。

  • 出力: コンポーネントをデザインワークスペースにドロップしている時にキーボードでCtrlを押せば、そのコンポーネントをアクティブなジョブに直接含めることができます。
  • 入力: コンポーネントをデザインワークスペースにドロップする時にキーボードでAltを押せば、そのコンポーネントをアクティブなジョブに直接含めることができます。

コンポーネントをダブルクリックすると、選択された接続の詳細とスキーマ情報が[Component] (コンポーネント)ビューに表示されます。

注: スキーマを選択せずに接続を選択すると、最初に見つかったスキーマがプロパティに入力されます。